フォト
無料ブログはココログ

津軽の旨いもん

2020年9月 8日 (火)

話題の笹もち

ずーと前から食べたかった金木の「桑田のばっちゃの笹もち」

あまりの人気で、店頭に並んでも即完売という幻の笹もちを

ありがたいことにお土産でいただきました!

20200908192048499

さっそく食べてみたところ、つるンとして笹にねっぱらない

(江戸弁で「くっつかない」)おもちです。

食感も軽い感じでとても食べやすい笹もちです。

なんでも92歳で笹取りからしているということです。

私も90歳以上まで珈琲を焙煎したいですね。

美味しくて元気がでる笹もちのお話でした。

 

 

2020年8月31日 (月)

美味しい蕎麦屋発見

久しぶりに美味しいお店を発見しました。

手打そば 美の竹さん。

昨年11月にオープンしたということです。

Img_20200830_110209

Img_20200821_154931

お蕎麦屋というより日本料理店みたいな雰囲気ですね。

奥の方には日本庭園をイメージした庭もあります。

Img_20200830_110318

Img_20200830_111809

お昼のセットメニューをいただきました。

本日のメニューは冷やしぶっかけ、ゴマ豆腐

嶽きみのすり流しと卵焼きです。

全てにおいて丁寧な仕事していることがわかります。

このボリュームでこの値段は安すぎじゃないかな?

これから新そばの季節なので益々楽しみです。

店主お一人で切り盛りしていますので、予約をおすすめします。

間違いなく美味しいお店です。

手打そば 美の竹

青森市茶屋町30-8

017-718-1072

営業時間 午前11:00~

 

2019年8月27日 (火)

津軽の夏のおつまみです

今年の夏、東北はともかく、関東・関西は殺人的な夏で、相当食欲が

落ちた方もいることでしょう。

比較的すごしやすい津軽の夏を乗り切る食べ物の一つに「ミズのおひたし」

があります。

Photo_20190827231701

正式には「うわばみ草」というらしく、春から秋まで

採れる山菜です。

ポピュラーな食べ方として、夏が旬の「ホヤ」と

合わせてたものがありますが、私、ホヤは少し苦手でして

このようにミズだけの方が好みです。

時季的にスーパーにも出回りますが、地元の市場や

道の駅の方が手に入れやすいですね。

調理方法は比較的簡単で、皮を剥いたミズを食べやすい長さに

切って、熱湯に1~2分くぐらせます。

熱々の状態から冷水に浸すと綺麗な緑色になります。

ミズの醍醐味は食感です。

「シャキッ」「ポキッ」とした歯ごたえの食感を残すのがポイントですね。

味付けは塩のみで、昆布の旨味とショウガの風味がアクセントとなってますので

いくらでも食べれちゃいます。

酒の肴、ごはんのお供に是非食べていただきたい一品です。

 

 

2019年8月18日 (日)

悪魔の食材

だいぶ前からやってみたかった料理があります。

一人で食べるのに気が引けてましたが、帰省した娘たちと

意見が合いましたので、作ってみたのがこれです。

Photo_20190818145401

カマンベールチーズのベーコン巻きです。

カマンベールチーズを丸ごとベーコンで包んで焼くだけなので

料理というほどのものではありませんが、予想どおりの旨さです。

しかし、カロリーはどの位あるのでしょう?

まさに悪魔の食べ物です(笑)

上手く焼くコツですが、出来ればスキレットを使ってオーブンで

焼くのが失敗しないようです。

大体15分くらいで出来ましたので、急な来客のおつまみなどには

最高だと思います。

2019年8月17日 (土)

ドイツ ビア フェスト 2019

朝刊を見てたら、ドイツビールのフェアが開催されている

とのことで、早速青森市アスパムへGOして来ました。

Photo_20190817204301

ビールについては詳しくないので、取りあえず色んな種類を試すことに。

どのビールも美味しくいただきました!

ブースは3~4ヶ所ありました。

その中にギャレス氏のブースがあり、本人も忙しく集客していました。

以前、ハッピーで取材されたことを話すと覚えていてくれたみたいです。

弘前にある彼のアジトに行ってみたいと思ってたので、ラッキーでした。

Photo_20190817205001

ギャレス氏のビールは色々な味があり、スタンダードから

フルーティーな味が楽しめます。

ソーセージをはじめ、おつまみも結構いけてます。

8/25まで開催されてますので、一度は行ってみる価値はありますよ!

 

 

2019年5月26日 (日)

津軽のおいなりさん

全国的にまさかの猛暑です。

あまりにも暑いので「津軽森」も断念しました。

蓬田村の「よもっと」で昼食をとった後、見つけました。

Photo_6

中がピンク色のおいなりさん。

うちらが小さい時から食べなれているおいなりさんです。

あまりにも懐かしくて買ってしまいました。

なぜピンク色なの?と聞かれてもわかりませんが

とにかく俺らほの(自分たちの)おいなりさんは

これなのです(笑)

蓬田村の「マザー加工部」さん、ありがとう!

2019年4月14日 (日)

蟹としろうお祭り2019

毎年恒例の「蟹としろうお祭り」が開催されます。

今朝、かにた川に行ってみたところ、簗場が設置されてました。

2191 

2192 

これはしろうお用の簗場です。

この画像の近くに「しろうお亭」という臨時の食堂が

開設されますので、お目当ての蟹としろうおは、そこで

食べることができます。

開催は4/25からの予定となっていますので

風のまち蟹田の春の風物詩をお楽しみください。

2018年12月23日 (日)

麺屋 多一の津軽中華

久しぶりに津軽の旨いもんです。

青森市新城地区にオープンした「麺屋 多一」

を紹介します。

オープン当初は煮干し系と動物系の濃厚ダブルスープ

が主流でした。

しっかりしたお出汁で、若者には相当好まれるお味ですが

50歳過ぎの親父には少々つらいものでした。

そしたら、最近あっさり系の「津軽中華」をメニューに追加して

くれました。

早速食べてみたところ、あっさりなのに煮干しの出汁が幾重にも

感じられ、食べ終えてからも旨味が口の中に残っていました。

Photo_4

思わずスープを飲み干してしまいました。

Photo_5

津軽人の好みのど真ん中を行くお味です。

是非お試しあれ!

2018年4月30日 (月)

トゲクリガニ2018

わが町の春の風物詩「トゲクリガニ」です。

漁師の親戚から生でいただいたので

早速茹でました。

20171

茹でる時はいくつかポイントがあります。

1.水からゆでること。

沸騰した状態に蟹を淹れると足が取れてしまう

そうです。

2.塩は多めに入れる。

出来るだけ海水の塩分濃度に近づけると

ちょうど良い塩加減になるようです。

3.甲羅は鍋底に向けて入れること。

甲羅を上に向けると、カニ味噌など旨みが逃げてしまいます。

4.茹で上りのタイミングはフンドシで。

大体15分から20分くらいみたいですが、私は

蟹の所謂「フンドシ」と言いますが、それがパカっと

めくれるくらいが茹で上がったタイミングだと思ってます。

Photo

ということで、茹で上がりました。

お味もちょうど良い加減です。

わが町の蟹は通称「花見蟹」とも言いまして

ちょうど桜のシーズンが最盛期になってます。

ゴールデンウィークは是非お越し下さい。

2017年11月28日 (火)

ホワイトインパルスカレー!

青森空港除雪隊ホワイトインパルスのネタ

第2弾です。

前回の記事を書いた後にわかったのですが、青森

空港内のレストランで期間限定メニューのカレーを

販売していました。

Photo

ホワイトインパルスカレーです!

スパイスがしっかり効いていて美味しかったです。

スプーンがスコップになっているのも楽しいですね。

Photo_2

食べ終わったら、何と滑走路が出てきました(笑)

楽しみながら食べるホワイトインパルスカレー。

みなさんも機会があったらどうぞです。