フォト
無料ブログはココログ

焙煎

2020年8月10日 (月)

ナナハン焙煎機のメンテナンスです

忙しさにかまけてブログの更新が疎かになってました。

大変申し訳ございません。

7/1のグランドオープンから1か月経過しました。

ようやく普段のルーティーンが出来つつありますので、ブログも

コーヒー屋らしく更新して行きたいと思います。

そこで、今回はナナハン焙煎機のセルフメンテナンスの様子を紹介

します。

ワイルド珈琲さんの指導書によると、特にブロアのメンテナンスを

35釜~40釜毎に行ってくださいとあります。

うちは、1日平均4釜なので10日に1回くらいの割合で行います。

もっと焙煎量が増えると5日に1回くらいですかね。

まずはメンテナンス前の状態です。

Img_20200810_161311

Img_20200810_161529

Img_20200810_161535

本体からブロアを外して行います。

ブラシで地味に行う方は室内でも良いですが

私はエアーコンプレッサーで行いますので屋外で

やらないと大変なことになります。

このように40釜でも相当汚れています。

Img_20200810_161554

Img_20200810_162121 

Img_20200810_162126

アフターはこのとおりで、だいぶキレイになりました。

排気ファンは焙煎機の生命線なのでマメに行いましょう。

Img_20200810_163853

完了した本体に取り付けて終了です。

このほかにはアルミダクトもついでに掃除します。

アルミダクトの汚れが落ちにくい場合は安いので

即購入しましょう。

 

 

2020年6月25日 (木)

焙煎体験

青森市のOne up coffeeさんがお見えになりました。

前回は手網焙煎を体験していただきましたが、今回は生豆持参で

ナナハン焙煎機を体験して頂きました。

Img_20200625_105306

Img_20200625_105311-1

実際は豆温度計を見ながらプロファイルに記入していく

作業がメインになります。

終盤でテストスプーンを抜いて豆の焙煎具合を確かめますが

ほとんどの時間はデジタル温度計とにらめっこです。

都合4バッチ焙煎していただきました。

出来栄えはどうなったでしょうか?

2020年5月15日 (金)

焙煎所オープンまで2020515

このようなご時世ですので

はっきりとしたオープンの日は決めてません。

ですが、準備だけはしっかりしないといけません。

ようやくナナハン焙煎機に慣れてきましたので

全部の銘柄を焙煎してみました。

Img_20200515_164839

やはり、棚に商品を陳列すると気合いが入ります。

55歳にして初めてPOPなるものを書いてみました。

なにぶん初心者なので上手下手はご勘弁願います。

このほかにハウスブレンドが追加されます。

ナナハン焙煎機で焙煎した豆は、直火式のわりに

スッキリとした香味になっています。

2020年5月 4日 (月)

焙煎所オープンまで20200504

ほぼ焙煎所が出来ました。

あとは内装を少しと外構工事が残ってますが

思い切って今日お引越ししました。

その一部を公開します。

Img_20200504_211754

ナナハン焙煎機をメイン機、1ポンド焙煎機をサブ機

にしたかったので、このようなレイアウトになりました。

意外と使えるのがナナハン焙煎機の荷台です。

特に折りたたみ式の作業台は、ハンドピックに最適な

大きさでした。

うちのような小スペースの焙煎所にとっては嬉しいですね。

これで、ようやく仕事場が出来ましたので、明日から、

ナナハン焙煎機の特訓に入ります。

 

 

2020年4月24日 (金)

焙煎所オープンまで20200424

新規で導入した焙煎機が到着しました。

今までのブログで新焙煎機については触れませんでしたが

最終的にナナハン焙煎機を導入することにしました。

これを見てがっかりした方もいらっしゃると思いますが、

資金面、環境、今後の動向など色々な角度から検討した結果

ナナハン焙煎機に決定しました。

Img_20200424_144551

本体と荷台はダンボールに梱包されて来ました。

Img_20200424_143826

Img_20200424_145555

全体像です。

総重量110kgですので、やはり台車を作っておいて正解でした。

てっぺんから足元までワインカラーで統一してます。

ナナハン焙煎機は直火式を選択しましたので、自分の理想の

香味を表現できると信じてます。

 

 

 

2020年4月21日 (火)

焙煎所オープンまで20200421

焙煎所工事は着々と進んでいます。

今週末、新しい焙煎機が入荷する予定です。

本来は業者さんが持って来てセッティングをするのですが

新型コロナウイルスの影響で来れないということです。

セッティングや操作方法は自分一人でも何とかなりますが

ただ、総重量が110kgということなので、とてもじゃないが

一人では無理です。

というわけで、急きょ台車を作成しました!

Img_20200420_164009

コンパネ2枚重ねで、900×600×24の大きさです。

前輪が75mmの自在キャスター(ストッパー付)

後輪が75mmの固定キャスターを8Mのボルトで取付けました。

理論的には200kgまで耐えることができるはず?

ですが、一応自分で乗ってテストしてみました。

恐らく90kg(デブ)なのですが全然大丈夫みたいです。

このままでも良いのですが、焙煎機のカラーが

ワインレッドなので塗装をして仕上げました。

Img_20200421_154252

スプレーを吹いただけですがそれらしくなりましたね。

これで重量の問題は解決しそうです。

2020年4月10日 (金)

焙煎所オープンまで20200410

本日、車庫の解体工事が完了しました。

改めてビフォーがこれ

Img_20200409_081131

アフターがこれです。

Img_20200410_153750

今回は大工さんの足手まといにならないように

お手伝いさせて頂きました。

お手伝いとは言っても、廃材を片付けることなのですが

デスクワークが長すぎたせいか、体中アチコチが

痛いです(笑)

痛いのですが心地よい痛みなんですね。

来週から本格的に焙煎場に取り掛かりますので

また、報告いたします!

 

2020年4月 9日 (木)

焙煎所オープンまで20200409

今日から大工さんが入りました。

まずは、焙煎所予定小屋の手前の車庫を解体します。

解体の様子を画像でお伝えします。

2

まずは解体前です。

3

 

作業しやすいように足場をかけてます。

5

壁はトタンなのであっという間に剥がしてしまいました。

7

屋根の様子です。錆がすごいです。

8

これも、あっという間に剥がしてしまいました。

9

屋根材を解体してます。

10

今日のところは、これまでとなりました。

明日は全て撤去されます。

11

ちょうどガス屋さんが来ましたので、並行してガス管と

ガスメーターを取付てもらいました。

ちょっと天気が悪かったのですが、どうにか予定通りに

なりました。

さすがプロの仕事は違いますね。

では、また明日。

 

 

2020年4月 7日 (火)

お家でコーヒーしましょう

今日、政府から緊急事態宣言が発令されました。

また、青森市管内でも更に1名の感染者が発生してます。

今後は益々自宅待機の風潮が高まると思います。

風のまち Coffee  Roaster 野口珈琲店のグランドオープンは

もうちょっと先の予定でしたが、コロナウイルスに負けないぞ

ということで、急きょ青森市「パティスリー・アヴァンセ」さんと

コラボして、自宅でも美味しいスイーツと焙煎仕立てのコーヒーを

提供することにしました。

Img_20200407_214457

限定販売になりますが、4/8からドリップバックで販売します。

出来るだけ焙煎仕立てのフレッシュなコーヒーをお届けしたいと

思ってます。

コロナウイルスには負けないぞ!

2020年3月29日 (日)

焙煎場をリニューアルします

只今、焙煎場の引っ越しを計画中です。

Img_20200329_155546

今までの焙煎場が老朽化のため、雨漏れがひどく

現在母屋で焙煎してます。

いつまでも母屋を使うわけにもいかないので、

この建物の後ろにある小屋を改装して使うことに

決定しました。

Img_20200329_132814

Img_20200329_132859

Img_20200329_132838

元々は父親のDIY用の小屋でしたが、今では物置になってます。

でも、外観が海小屋風でして、結構趣があるので

この小屋を改装して焙煎場にしようと思ってます。

私はDIYが苦手なので、ほぼ大工さんにお願いすることになります。

イメージ的には、石川県珠洲市の二三味珈琲さんの

焙煎小屋です。

コーヒー好きの方ならご存知かと思いますが

映画「さいはてにて」のモデルになった小屋です。

5坪弱の広さですが、リニューアルしていく模様を

随時お知らせしたいと思います。

より以前の記事一覧