フォト
無料ブログはココログ

« 珈琲の焙煎について(1ポンド焙煎機編) | トップページ | おからパウダー »

2018年9月21日 (金)

珈琲の焙煎について(1ポンド焙煎機編2)

先日の記事に1ポンド焙煎機の仲間から書き込みが

ありましたのでご紹介します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ焙煎機を使うものとして、私の感想も!

1ポンドはアポロのプロトタイプと考えています。販売は、全国で10台程度の推測です。

アポロが出た時には、あまりの変更点に「おや!」とも思いましたが、1ポンド焙煎機は十分な機能を備えた満足のいく焙煎機だと思います。

ただご指摘のデメリット等は感じ

排気の改善は必須かな

排気の課題クリアの為にアポロが出来たと推測します。

排気は改善しましたが

チャフだけは、1回1回です。これはしょうがない!

ダンパーについては、小型焙煎機に果たして必要かよくわからないのでデメリットとは考えていません。


ひがみですが、アポロは周りが汚れない

1ポンドは汚れる

この差かなと(笑)


概ね問題ないのですが

モーターに熱が伝わりやすい構造なので

以前のように1,000回焙煎で

モーターがいかれるのは困りますね

確か、一生ものと聞いたような気もしますが・・・


愛着ある逸品であることは間違いないです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このほかの1ポンド焙煎機ユーザーもうなずいていると思います。

記事にもありましたが、世界で10台程度しかない焙煎機ですし

苦楽を共にしてきましたので大事に使おうと思います。

« 珈琲の焙煎について(1ポンド焙煎機編) | トップページ | おからパウダー »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珈琲の焙煎について(1ポンド焙煎機編2):

« 珈琲の焙煎について(1ポンド焙煎機編) | トップページ | おからパウダー »