フォト
無料ブログはココログ

« 真夏なのに | トップページ

2018年8月11日 (土)

珈琲の焙煎について(手網焙煎編)

ここ数年、青森県のコーヒーシーンは劇的に変化して

まして、自家焙煎店も相当増えました。

同時に私のようなアマチュア愛好家も増えていると

思います。

今日は、焙煎に興味がある方むけに、私の経験した

ことを書いてみます。

原材料の生豆と焙煎機の2部制で書こうと思うのですが

まずは、焙煎機について書きます。

資金に余裕がある人は、いきなり焙煎機を買うこともあり

だと思いますが、小さくてもそれなりの価格なのが焙煎機です。

やはり最初は手網焙煎をお薦めします。

2

値段は忘れましたが、何千円の価格帯なので財布の負担は軽いです。

手網焙煎の最大の利点は、焙煎する過程が豆の色や

香りによってダイレクトに感じ取れることですね。

また、生豆150g程度が適量でして、仕上がりが約120gです。

自家消費が1日20gだとすれば1週間で飲み切れますし

生豆を少量づつ購入すれば、色々な種類の生豆を試せます。

手網の欠点としては、やはり「疲れる」ことですね。

コンロで焙煎している最中は、絶えず手網を振らなければなりません。

この苦労があって美味しいコーヒーができるのも事実ですので

是非手網焙煎は経験した方が良いと思います。

きちんと焙煎のルールを守れば、本格的な焙煎機にも負けない

コーヒーが出来たりします。

また、最近はワイルド珈琲さんから、温度計付き・ダンパー付きの

手網焙煎機が購入できますので、相当クオリティの高いコーヒーを

焙煎できると思います。

次回は、手回し焙煎機について書きたいと思います。

« 真夏なのに | トップページ

焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582153/67043294

この記事へのトラックバック一覧です: 珈琲の焙煎について(手網焙煎編):

« 真夏なのに | トップページ