フォト
無料ブログはココログ

« サンプルロースター | トップページ | コピルワック »

2017年2月12日 (日)

松屋式に習って

最近松屋式ドリップが仲間内でブームです。

松屋式にしろ、金沢式にしろ、コーヒーの

旨いとこだけ抽出して、雑味が出る後半は

お湯で調整することは、確かに理にかなってると

思います。

今回は、器具の違いはありますが、ハリオV60で

似たようなドリップしてみました。

Img_20170212_150444

コロンビア/エメラルダブライトのフルシティを

20gと、お湯は400cc使いました。

まずは、普通に30秒蒸らします。

Img_20170212_150527

注湯は出来るだけ細くして、じっくりまんべんなく

行い、濃い目の抽出をします。

私は2分30秒で抽出してます。

Img_20170212_150715

通常は300cc抽出するところですが、150cc

抽出します。

この段階で、ほぼコーヒーの旨い成分を取り出して

いるはずです。

150ccになったらドリッパーを外します。

Img_20170212_150747

残りのお湯を300ccまで注ぎます。

あとはヘラやスプーンなどでかき混ぜて完成です。

松屋式は、蓋して3分蒸らしたり、ドリッパーそのものが

V60とは全く違うのでどのような香味になるのかは

わかりませんが、V60でも十分雑味がなく、スッキリした

香味が抽出されます。

特にフルシティローストからフレンチローストに有効かと

思います。

恐らく、他のドリッパーで試してみても、いつもとは

ひと味違うコーヒーが味わえるのではないでしょうか。

« サンプルロースター | トップページ | コピルワック »

珈琲のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松屋式に習って:

« サンプルロースター | トップページ | コピルワック »