フォト
無料ブログはココログ

« 半熱風式と直火式 | トップページ | ジャバニカ種 »

2016年12月14日 (水)

カッピング

先日の半熱風式と直火式で焙煎した

ブラジル・ハニーショコラをカッピングして

みました。

Photo

久しぶりにカッピングスプーンを使いました。

それぞれ10gづつ挽きます。

Photo_2

注湯して4分間待ちます。

さて結果はどうでしょうか。

向かって左が直火式、右が半熱風式ですが

色的にはあまり差がありません。

ブレイク時のアロマは、直火式の方が

若干軽い感じです。

お味の方ですが、直火式がスッキリした苦味

が印象的です。

所謂キレがいいという感じです。

半熱風式は苦味は抑えられて、滑らかさと

甘味が出ています。

以前某TVの取材を受けた時に同じ方法で

カッピングしてみました。

その時も明らかな差が感じられました。

いずれにしても水分抜きを適切に行い、

適切にカロリーを与えると美味しく仕上がる

ことになると思います。

違いとしては、豆の表面に炎が直に当たる

ことによって芳ばしさが表現できるのが直火式

の長所であり、均一にカロリーが伝わることに

よって、円やかに仕上がるのが半熱風式の長所

なんですね。

今回はフルシティローストで比べてみましたが、

近いうちにハイローストあたりで比べてみたいと

思います。

« 半熱風式と直火式 | トップページ | ジャバニカ種 »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カッピング:

« 半熱風式と直火式 | トップページ | ジャバニカ種 »