フォト
無料ブログはココログ

« 創業スクールの風景 | トップページ | 青森コーヒーマイスターズの皆さんへ »

2016年10月22日 (土)

ハイチ・マールブロンシェ2016

今年もどうにかこの豆に出会うことができました。

2016

先日カリブ海沿岸を襲ったハリケーンの影響で

今年は諦めていました。

ワイルド珈琲さんに問い合わせてみたところ

入荷は微妙ということでした。

昨年初めて焙煎したのですが、非常に上品な

甘味が印象的な豆でした。

今年の評価は

今年のハイチは去年よりスクリーンが少し

小さいですが、カリブ海系としては

ブルーマウンテンに近い風味でバランスが

とても良く、新鮮な生豆ですので甘みがあります。

-ワイルド珈琲-

ということです。

楽しみな豆です。

« 創業スクールの風景 | トップページ | 青森コーヒーマイスターズの皆さんへ »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

楽しみにしてます。

煎りあがりで甘い香りがしていたのなら
上手く焙煎出来たことになるのでは?
それも大事ですが、やはり挽いた時の
ドライアロマ、抽出時のフレグランスが
甘い感じになっている方が大事ですよね。

11月のフェスタの時にですが、1ポンド焙煎機
で、まったくブロアを使わなかったらどうなるか
遊んでみましょう(笑)

今日の二ュ-ギニアは、教わった焙煎に近い状態で行いました。香りが焦げ臭くなく、甘い香りがします、その前の焙煎は温度が急上昇したからか、比べると焦げ臭い臭いがしてます。100℃からの時間もタイマー2個用意して計りました。排気温度ではないけどシリンダーの外側の温度も図るように温度計も2個使って・・・・1ハゼでダンパー開けたら排気温が少し下がったけど、ダンパー真上の設置だからしょうがないかな?、一応の窯の温度の目安にしようと思って

地球環境が変わって 珈琲豆も心配ですね!指導後の焙煎2,3度やってます、排気有無両方、旨いのか不味いのか訳わからなくなてきました(^^)
言えるのは香りが立たないって事です、香りが欲しいです!先日焙煎した豆も私の焙煎豆の方が香りが無いと駄目だし喰らいましたからね~、焙煎機の限度なのですかね。あと、チャフが多く出るのは1ハゼの時ですか?180℃辺りからですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイチ・マールブロンシェ2016:

« 創業スクールの風景 | トップページ | 青森コーヒーマイスターズの皆さんへ »