フォト
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

生豆の実験

Photo

昨日焙煎したコロンビア/ビジャ・ファティマ農園の

生豆です。

いつものように生豆を水洗いしてから一晩干して

焙煎していますが、「一晩水に浸けたらどうなるの?」

と思いまして、少量だけコップに浸してみました。

そしたらごらんのように結構な膨張でして

普通の生豆と比べると倍に膨らんでいました!

硬さについては少しだけ柔らかいのですが

肉厚のせいか指で潰せるほどではないです。

収穫後天日で乾燥する前はこのくらいの大きさ

だったのでしょうか?

水の中に相当な成分が溶け込んだと思いますので

これを再度乾燥して焙煎したら、やはりスカスカの

コーヒーになるのか興味が沸くところです。

割と美味しかったらびっくりですね!

今度1回だけやってみようかな(笑)

2016年3月29日 (火)

ブラジルだらけ

Photo

Photo_2

オリンピックイヤーにあやかった訳ではないですが

ブラジル産のお豆だけ5種類仕入れました。

すべてミナス・ジェライス州にある農園で、

・手摘み完熟豆 サンマエル農園 

 ムンドノーボ&カツアイ セミウォッシュ

・晩秋樹上完熟豆 ヴアスボンチス農園

 ムンドノーボ&カツアイ ナチュラル

・サクラブルボン ビラモン農園

 ブルボンアマレロ ナチュラル

・モンテアレグレ モンテアレグレ農園

 ムンドノーボ&カツアイ ナチュラル

・セミウォッシュ・アズール エスペランザ農園

 レッドカツアイ セミウォッシュ

最近ブレンドについて試行錯誤している中で

日本人に一番好まれるのは実はブラジル産

のものなのではと思ってきました。

ご存知のように最近は各国のスペシャルティが

主流となって良質の酸味を楽しむ傾向にありますが

毎日飲むコーヒーはブラジル産のようなスタンダード

な味が最終的に好まれるような気がします。

しかしブラジル産も数え切れないほどの農園や種類が

あります。

タイミングが良いことにワイルドさんから今回複数の

ブラジル産豆が販売されましたので、どうせなら飲み比べて

みようと思い購入に至りました。

同じ品種でも農園によっての差があると思いますので

非常に楽しみです。

2016年3月19日 (土)

おうちでセブンカフェ第6話

Photo

おうちでセブンカフェプロジェクトが中々難しい状況です。

一番の難点が「酸味」を抑えれないことです。

ブラジルは別にして、コロンビア、グアテマラ、エチオピア

は良質な酸味も味わいの一部なのですが、

うちの焙煎だとフレンチローストまで焙煎しても

酸味が出てしまいます。

実際セブンカフェの焙煎度合がどの程度なのか調べて

みようと思い、画像のようにサンプルを用意して、お店の

豆と比較してみました。

向かって左がブラジルのシティ、右がパプアニューギニアの

フルシティです。

マシンで抽出している間に比べてみましたが、ブラジルは

うちの基準と同じくらいのローストみたいです。

その他はフルシティより少しだけ手前かな?といった感じでした。

だとしたら、コロンビアもグアテマラもエチオピアも酸味が出て

当然なのですが、ほんの僅かしか感じられないというのは

どういうことなのでしょうか。

このプロジェクトは結構奥が深そうです。

2016年3月 6日 (日)

おうちでセブンカフェ第5話

Test20160306

おうちでセブンカフェ再生プロジェクトのその後です。

ブラジルをメインにして色々配合を変えていますが

ここにき来て少々行き詰まっています。

ブラジル・コロンビア・グアテマラの3種ブレンドに

すると、非常にバランスよくなるのですが、タンザニア

を加えると全体的にピントがずれてきます。

タンザニアの香味に原因があると思い、単品で

飲んでみましたが、今までにない良い出来でして

マイナス要因ではないようです。

また、セブンカフェの最大の特徴はキレの良い苦味に

あると思います。

この点に関しても表現できていない状態です。

ブレンド作りは面白いですが、迷路に入りそうな状況です。

2016年3月 5日 (土)

青森原人

Photo

先日我が町の「はただ酒店」で開催されたトーク

イベントで知り合った方達が作った本です。

本屋さんの片隅にひっそり隠れるように1冊だけ

置いてました。

青森県の風景、食文化、風習などを絶妙の

コピーとイラストで表現していますので

内容を少し紹介します。

Photo_2

確かに県外へ贈るためには買うけど、自分家で食べるのは

買ったことがないですね。

すべて頂いたものを食べてますね。

Photo_3

方言の一部?ですが、思わず「あるある」とニンマリ

してしまいます。

Photo_4

痛風発症ぎりぎりの私ですが、これはやめられません。

といった感じのことが満載です。

構成と文章は自称「お色気デザイナー」の

千葉玲子さん。

イラストは不思議な自由人と申しますか、

何とも表現が難しい田村余一くんです。

今後の二人の活躍が楽しみです。

2016年3月 1日 (火)

おうちでセブンカフェ第4話

1

ようやく試作1号ができました。

コロンビアやタンザニアの酸味が出ないように

と、ブラジルの苦味が出るように全種類きっちり

フルシティローストで仕上げました。

豆温度的には、恐らく初めての領域まで引っ張った

ので、フレンチの手前というところです。

今日少し飲んでみました。

苦味、コク、甘味、香り全て表現できていますが

どこか上品なセブンカフェという感じがします。

焙煎2日目なので、これからの変化が楽しみです。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »