フォト
無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

久しぶりにエチオピア

09252240_5061b45a98162

Coffee_pyramid_2

本当はエチオピア産が大好きなのですが、コチャレ

がなかなか出回らないので、他の農園ものを

注文しました。

コンガ農協とハフーサ農協のコラボということで

何とワタル評価でトップスペシャルティにランク

されています。

カッピングファイルでは

ロゼワイン、フローラル、アプリコット、キャラメル

シルキー、ロングアフターテイストとなってます。

久しぶりにエチオピア・ナチュラルの風味が楽しめそうです。

2016年1月18日 (月)

冬の嵐

Dscf1673

只今津軽はもの凄い嵐となっています。

先ほど暴風雪波浪警報に続き大雪警報も

発令されました。

着雪注意報も出ていますので、こうなると

高い確率で停電になることが想定されます。

案の定一瞬でしたが電気が消えました。

ということで、非常用のランタンや懐中電灯

をスタンバイしました。

最悪の場合、発電機を稼働しなければなりません。

さて明朝はどうなっていることやら。

2016年1月15日 (金)

冬の焙煎小屋

連日の降雪が少し落ち着いてきました。

ということで、本日はグアテマラを焙煎します。

我が焙煎小屋の冬の風景を紹介します。

フラッシュを付けないとこんなです↓

Photo

ただ暗闇に光る入口ってな感じです。

フラッシュを付けるとこんなです。↓

Photo_2

津軽風の街ロースターはこんな感じの所で焙煎してます。

2016年1月14日 (木)

カフェを100年続けるために

Photo

昨年、ジターヌさんにお伺いした際に、店頭に

この本が置いてありました。

だいぶ前に本屋さんで買いそびれていたので

ジターヌさんに注文していたところ、本日入荷

とのお知らせがありました。

カフェ・バッハの生い立ちやカフェに対する

田口先生の考え方詰まっている一冊であると

いいな。

大事に読みたいと思います。

2016年1月13日 (水)

ピロリ菌退治

珈琲の話題でなくてすみません。

昨年の職場検診でピロリ菌がひっかかりまして

年内に撃退する予定が1回目の投薬で除菌

できませんで、ようやく足掛け2年で除菌に

成功しました!結果がこれ↓

Photo

1回目の失敗で多少へこんでいました。

生ものがダメということで大好きなお刺身など

一切口にしていませんでしたが、これでようやく

解禁です!

でも再感染率が2~15%ということでしたので

胃の管理には十分気を付けないといけませんね。

珈琲がピロリ菌に有効なら最高なのですが(笑)

2016年1月 7日 (木)

パウダーコントロール

珈琲を美味しく頂く方法として

良質な豆、適切な器具、新鮮な水など

手間暇をかけたら相当なものです。

今年はできる限り、考えうる限りの手間を

かけた一杯を作ってみたいと思います。

その第1弾として珈琲の微粉を取ってみました。

最近は「パウダーコントロール」というそうです。

1
まずは焙煎豆を計量します。

約10%の微粉が取れますので、60g使う場合

66gを挽きます。

2

食器棚の奥に紅茶用のポットがあり、ちょうど

良かったので使ってみました。

3

適量を入れて30秒ほどシェイクします。すると・・・

4

このように微粉がとれました。

5

6

振り分けた珈琲粉と微粉の量を計量してみると

若干の誤差はありますが10%の微粉が取れた

ことがわかります。

7

8

当然ながら見た目の粒度も相当違いますね。

微粉を取ることには賛否両論ありますが、

微粉を取り除いた豆で珈琲を淹れると、本当に

クリアなカップになります。

興味のある方は試してみる価値ありです。

いつもの珈琲が一味変わりますよ。

2016年1月 1日 (金)

新春焙煎初め

2016

明けましておめでとうございます!

今年の焙煎は昨年よりもう一歩踏み込んで

それぞれの豆が持つ特性を引き出せるように

なりたいと思います。

ということで早速元日に焙煎しました。

コロンビア/ビジャ・ファティマ農園のブルボン

で焙煎初めです。

焙煎はコロンビアに始まりコロンビアで終わる

と言われていますので初焙煎にはふさわしい

と思いチョイスしてみました。

今年の目標のために今回も各豆温度毎に少量

づつ抜いて、この豆のベストローストポイントを

探ります。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »