フォト
無料ブログはココログ

« サンプルロースト | トップページ | 新春焙煎初め »

2015年12月31日 (木)

大晦日のカッピング

Photo

本日は大晦日です。

何かと忙しい中ちょっとだけ時間ができたので

先日焙煎したサンプルをカッピングしてみました。

ブラジル・カケンジ農園のイエローブルボンです。

向かって右からミディアムロースト、ハイロースト

シティロースト、フルシティローストとなっています。

こうしてみると、やはり酸味の変化が一番先に

目立ちます。

最初は鋭い感じでしたが、徐々に丸みがついて

最後は感じなくなっていくのがはっきりとわかります。

逆に苦味は徐々に濃くなっていきます。

これは焙煎度合いによる味の違いを表現する基本的な

部分ですね。

酸味・甘味・苦味・コクのバランスで評価すると、シティロースト

に軍配があがると思います。

ただし、この豆については良質な酸味だと思うので、ハイロースト

も評価が高いと思います。

ということは、この豆のベストポジションはハイローストとシティロースト

の間あたりにあると思いますので次に焙煎する時は210°~220°の

あたりにすると、ナッティーで丸みを帯びた酸味が感じられるのでは

ないかと思います。

以上今年最後のカッピングでした。

今年も残すところ8時間となりました。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ!

« サンプルロースト | トップページ | 新春焙煎初め »

珈琲のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日のカッピング:

« サンプルロースト | トップページ | 新春焙煎初め »