フォト
無料ブログはココログ

« グアテマラ・ポワントウ | トップページ | ミカフェートの珈琲 »

2015年11月22日 (日)

グアテマラ・ポワントウ2

Photo

グアテマラ・ポワントウが到着しました。

焙煎豆をお取り寄せしたのは本当に久しぶりです。

さっそく封を切ってみると・・・

Photo

こんな感じでして、やはり尖ってますね。

大きさも思ったより小ぶりです。

サザコーヒーさんの紹介文では

★グァテマラ ポワントゥ200g
品種ラウリーナをグァテマラの農園で再現しました。
小柄で小振りな品種ラウリーナ(ブルボン・ポワントゥ
とも言われている)はカフェインの量が通常のコーヒー
の約半分(0.6%)で甘みが強く、ライトなコーヒーです。

◆香り6◆甘さ7◆コク7◆酸味6

焙煎:ハイロースト(浅煎り)
原産国:グァテマラ
生産エリア:サンマルコス 農園:ヌエバグラナダ
品種:ポワントゥ(ラウニーナ)
精製方法:ウォッシュド
標高:1400m~1500m

となっております。

豆の香ですが野の花を束ねたブーケの

ような複雑な香りがします。

でもドライアロマはそれほどでもないのが

意外でした。

焙煎具合は、表示はハイローストですが

うちの基準ではシティローストのプラスですね。

お薦めの抽湯温度が90°~95°ということで

いつもより10°程度高めです。

結論から言って美味しい珈琲に間違いないです。

全体のバランスがとれているし、何といっても

ほのかな苦味と酸味が甘さの余韻とともに

消えていく感じが良いですね。

日本人好みのコーヒーだと思います。

ブルボン・ポワントウの分家がこれだけ美味しい

のですから、本家は相当なレベルなのでしょう。

コーヒーは飲む時間帯によって感じ方が違うので

次回は午後にでも淹れてみたいと思います。

« グアテマラ・ポワントウ | トップページ | ミカフェートの珈琲 »

珈琲のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラ・ポワントウ2:

« グアテマラ・ポワントウ | トップページ | ミカフェートの珈琲 »