フォト
無料ブログはココログ

« 街なか珈琲教室 | トップページ | ブラジル/イバイリ・セミウォッシュド »

2015年7月23日 (木)

コンロのチャフについて

Photo

早朝焙煎しました。

今回はブラジル/イバイリ・セミウォッシュドを焙煎してみました。

詳細は後日アップしますが、とにかく小さい豆にビックリです。

先日1ポンドメイトからの問い合わせで、チャフがシリンダーから

漏れないか?とありました。

私は相変わらず生豆を洗浄してチャフを落とし、ブロアも低速で

焙煎しますのでこの程度ですが、洗浄しなければコンロの縁に

コンモリとチャフが落ちます。

最初の頃は気になりましたがシリンダーの中にチャフが滞留して

焦げるよりは良いだろうと思ってます。

あまりにもチャフが多いと引火する危険性がありますので気をつけ

なければいけませんね。

« 街なか珈琲教室 | トップページ | ブラジル/イバイリ・セミウォッシュド »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

>fujinoriさん
情報ありがとうございます。
極端にチャフ離れが悪い豆以外はほぼ大丈夫ということですね。

>isekimaruさん
それは災難でしたね(驚)
太郎くん1号の時にイエメンの豆で引火した時のことを思い出してしまいました((笑)

ナチュラルの豆を連続焙煎している時にコンロのチャフに着火してしまったことがあります。
豆に香りが移ったりはしませんでしたが相当な悪臭でした(笑)

ワイルドさんからチャフが焦げていなければ問題なしとのことでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンロのチャフについて:

« 街なか珈琲教室 | トップページ | ブラジル/イバイリ・セミウォッシュド »