フォト
無料ブログはココログ

« チャレンジ焙煎2 | トップページ | ルワンダCWS »

2015年3月 9日 (月)

チャレンジ焙煎検証

50℃のお湯で生豆を洗浄したり、低温で通常よりも長く焙煎したりで、どうにもスカスカで美味しく仕上がりそうにない焙煎の検証です。

3日目まで待って今朝飲んでみました。

美味いのです。ビックリしました。

抜けた感じは全然なく、むしろ洗練されたモカという感じに仕上がっています。

でも、まだ油断はできません。

明日から1週間目までの経時変化を確認しないと何とも言えません。

とりあえず今日の段階ではビックリです。

« チャレンジ焙煎2 | トップページ | ルワンダCWS »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

>isekimaruさん
雑味が全くないということが正しいでしょうね。
もちろん渋味も存在しません。
昨日ペルーも同じように焙煎しましたが、一通り手持ちの豆を焙煎してからレポートにまとめたいと思ってました。

それにしてもどちらの影響が大きいのですかね?
結論はもう少し後で。

湯洗いか焙煎時間か、どちらの影響が強いのでしょうね?
洗練されているというのはどんな感じなのでしょうか?雑味がないとか、落ち着いているとか、どうでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジ焙煎検証:

« チャレンジ焙煎2 | トップページ | ルワンダCWS »