フォト
無料ブログはココログ

« 珈琲の甘味 | トップページ | 映画「さいはてにて」 »

2015年2月25日 (水)

焙煎体験セミナー

長らく通ってきたセミナーも残すところ本日を入れて2日となりました。

今日は待ちに待った焙煎体験の日であります。
久々に感激したセミナーでしたので、本日は長文になりそうですので、どうかお付き合いください(笑)
夜7時からの開講なので6時に仕事を切り上げてセミナー会場であるお店へ向かいました。

本日のプログラムは生豆のハンドピックと焙煎の見学です。偶然ですが本日の豆がペルー産でありまして、昨日焙煎したばかり。
思いがけず2種類のペルー産に触れることができてラッキーです。
バッハ式のハンドピックを体験しましたが、詳細は後日書く事にします。ただ他の生徒さんは初めて生豆に触れる方もいて、何かこっちも楽しくなってきました。

さて!ハンドピック体験が一通り終わりまして、お楽しみの焙煎です。豆はやはりペルー産です。

焙煎機はマイスター5という半熱風式で5kgの焙煎機です。値段的には我が家の1ポンド焙煎機が軽く10台は買えるそうです。

本格的な焙煎機の機能はある程度知っていたつもりでしたが、この焙煎機には何と!ダンパーが2個ついているというのです。
これには結構ビックリしました。確かに2個あると微妙な排気調節が出来そうですね。

次に凄いと思ったのがバーナーです。確かブンゼンバーナーだったと思うのですが完全燃焼した青い炎が「ゴー!」ってな感じでして、相当な火力です。
うちのコンロとはえらい違いです。

とにかく何から何まで違うので、私の食いつき方は異様だったと思います。

一応焙煎データもとってきました。基本的にあまり複雑な操作はせずに全体的にゆったりした焙煎す。
焙煎量は5kgで総時間23分で煎り止めです。うちは15分程度で仕上てますので、焙煎量が違うと焙煎時間も長くなるのですね。

一番驚いたのが1分間の上昇温度が5℃程度だということです。1ポンドだと完全に味抜けするか渋い仕上がりになりますね。

1ハゼは180℃、2ハゼが200℃ということで、これもまた1ポンドとは20℃の違いがあります。

煎り止めは230℃でして、1ポンドならフルシティのところがフレンチローストでした。

最後の釜出しの瞬間ですが5kgの豆が「どあー!」と出てくるのは見ていて気持ちが良いです。

プロの焙煎に立ち会えることなんて中々あるもんじゃないですので、このセミナーは本当に価値あるセミナーだと思います。

ホントはもっと詳しく書きたいのですが、この辺で止めとくことにします。

土曜日の部の方たち。頑張ってくださいね(笑)

« 珈琲の甘味 | トップページ | 映画「さいはてにて」 »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

>isekimaruさん
本当に貴重な体験でした。
最近ペルーを集中的に焙煎してまして、同じ産地ではないので完全な比較になりませんが、天と地ほどの差は感じられませんでした。
同じローストですが若干マイスターの方がスッキリ仕上がっている感じはしましたね。
水抜きは意識しているそうですが、特別な操作はしていないようです。
全体的な印象は豆にストレスを与えないようにしているといったところでしょうか。
これも蓄熱性が高い構造のおかげなのでしょうね。

貴重なレポートありがとうございます。
バッハの系列店は焙煎時間を結構長めに取っている事が多いようですね。
マイスターはアロマダンパーやインバーター式のブロアー、2重構造の内側といった、フジローヤルとはまた別の仕様になっていて興味はあります。

ちなみに、焙煎豆の味の方はどうだったのでしょうか?

強化合宿賛成です!
全員で合格したいです!
蟹田も早くお邪魔したいんですけどね(*´罒`*)嫁さんに話したら行きたいって言ってましたよ(笑)

>K藤さん
セミナーが終わったらマイスター試験の強化合宿企画しましょう(笑)
土曜日は楽しんでください。
興味が沸いたら我が焙煎小屋にも是非おいでくださいませ!
4月後半か5月のあたまなら、もれなく蟹田のガニも食べれるかも!
奥様とお嬢とお待ちしております(笑)

ホントに残すところ2回だなんて、なんだか寂しいようなです(汗)
めちゃくちゃ楽しかったみたいですね(笑)
土曜日の授業が楽しみです!
初焙煎楽しんできます(◍˃̶ᗜ˂̶◍)ノ"

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焙煎体験セミナー:

« 珈琲の甘味 | トップページ | 映画「さいはてにて」 »