フォト
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月27日 (火)

我が家の珈琲器具

セミナーの同級生K君から我が家の珈琲器具についてリクエストがありましたので公開します。

1
まずはミルでございます。
言わずと知れた「ミルっ子」です。
珈琲ライフを楽しむためには機能性の良いミルは不可欠です。
本当はもっと性能が良いグラインダーが欲しいのですが高いので手が届きません。

2_2
次がメジャーです。
適切な量を測るのに必要です。
焙煎室にもう一台生豆用があります。

3_2
次にドリッパーとサーバーです。
ドリッパーはハリオV60です。
毎朝赤い方を使用しております。
透明な小さい方は1~2杯用ですが、テースティングや
教室用として全部で4個あります。

4
次にポットです。
向かって右から湯沸かし用・抽出用・保温用となっております。

特に抽出用です。セミナーで使っているようなもっとカッコイイのが欲しいのですが、これで結構使い勝手が良いのです。
やはり教室用にもう1台あります。因みに○-マックで購入しました(笑)

5
最後に焙煎豆はこのように保存してます。
基本的に常温で保存してます。
各保存ビンは100均で購入しました。○リアが良ろしいみたいです。

以上我が家の珈琲器具についてでした!

少しは参考になりましたでしょうか?

2015年1月14日 (水)

ブルマンの感想

今朝、某自家焙煎店から購入したブルーマウンテンNo1を淹れてみました。

焙煎度合いはミディアムです。

率直に言って残念でした。私自身の好みもあるのでしょうが、出来ればもう少しだけ、せめてハイローストにして欲しかったというのが本音です。

酸味だけが突出していてブルマン特有の全てにおいて均等な味わいが無いのです。

サンプルをカッピングするのであればミディアムでも良いのでしょうが、商品とするならばもう少し配慮が欲しいと思います。

確かに色々な珈琲本ではミディアムを推奨しています。しかし必ずしも「推奨=美味しい」とは限らないと思います。

以前飲んだブルマンはもう少し深いローストでして、バランスの良い味に「は~!」と溜息が出た記憶があります。

今年の目標に浅煎りが上手くできるようになると掲げましたが、やはり豆の特性を見分けた上で望まないといけないなと思いました。

2015年1月13日 (火)

お勉強のつづき

Photo

Photo_2

年初から始めた珈琲のお勉強。

先週はグアテマラのお勉強週間でした。今週はタンザニアのお勉強ということで2店舗からそれぞれ100gづつ購入してまいりました。

2件目で店主さんとタンザニアについてお話しているうちに、ある豆が欲しくなってしまい、100gだけ購入してしまいました。

上の画像がそれなのですが、なんとブルマンです!!!

値段は伏せておきますが安くないです。

品薄で中々手に入らないと思ってましたので一応チェックしたところ、ワタルさんより入荷したみたいです。

ブルーマウンテンNo1ではありますが、ウォーレンフォードなどではなく一般のエリアからのものということです。

本当に久しぶりに実物を見ましたが、やはりミディアムローストなのですね。

下の画像がタンザニアの深煎りなので良くわかると思います。

さて。明日のモーニングコーヒーとして淹れてみます。贅沢だ!

2015年1月12日 (月)

ブロアのメンテナンス

 

我が相棒の1ポンド焙煎機。そのブロアという部分があります。

排気をする重要な部分でありますが、何回となく焙煎を繰り返していますと相当汚れてきます。

最初の頃はひたすらティッシュやらタオルでゴシゴシしていましたが、これがまた中々しつこい汚れでして、何か良い方法はないかと思案していました。

モーター部分を含む部分なので当然水洗いはできません。

やはり大好きなホームセンターを物色していましたら、「レンジ廻りの汚れ落とし」なるものが目に飛び込んできました。

泡で汚れを落とすということなので早速試してみたところ、これが相当良い感じなのです。

Photo
まずはお手入れ前のブロアです。

相当な汚れがおわかりでしょうか?

Photo_2
ネジを外して一番汚れている本体を洗浄します。

本当に汚れてます。

Photo_3
さて、洗浄剤を吹きかけます。泡でどんどん汚れが落ちて行きます!

一応中心のモーター部分には吹きかけないように気を遣いました。

Photo_4
ウェスで拭き拭きしたら、このとおり綺麗に汚れが取れました!

他のパーツも同様にメンテします。

Photo_5
最後は組み立てまして、このとおり。

この洗浄剤を使うに当たって若干注意事項があります。

まずゴム製の手袋を使用しないと大変な目に遭います。

洗浄力が強いので手に付着すると相当荒れます。

私の場合指紋が復活するのに結構時間がかかりました。

我が相棒と末永く付き合いたいのでメンテナンスは必要です。

本当は本体にもメンテナンスしたいのですが、ちょっと勇気がないので徐々に行っていきたいと思います。

その際は画像にアップいたします。

2015年1月 8日 (木)

お勉強

このところ贈答用かご注文を受けたものしか焙煎してません。

ナゼかと申しますと、昨年掲げた目標の他に「裏目標」がありまして、自家消費用の豆は他店で買っている状況です。

というのは、どうしても生豆を購入する際は自分好みの豆を購入しがちになっていました。

やはり色々な豆を飲むことは将来のためにも不可欠な要素です。

そんな訳で生豆を購入することによるロスを回避するためにいろいろなお店で購入しております。

100g単位で買ってますが、勉強になりますし店主との会話も結構楽しいものです。

同じ品種でもお店によってローストが違っていたり、こだわりなども感じ取れます。

自家焙煎する以前に戻った感じですが、当時と今とでは全然アプローチの仕方が違っているのが自分でも良くわかります。

回り道になりますが、しばらくの間よそ様の豆を勉強です。

2015年1月 5日 (月)

ハンドピック2015

2015

そろそろコーヒーの話題を。

先日自作したハンドピック用ボードでハンドピックしてみました。

まずは作業場所の選定ですが、台所の明るさが一番妥当でありテーブルも大きいことから、しばらくはここで行うことになりそうです。

また、ここはお酒が揃っていますので晩酌と同時並行して行えるという良い点もあります(笑)

ボードの使い勝手ですが、大きさはちょうど良く表面がツルツルしてますので作業がしやすいですね。

また、表面が黒いので生豆の輪郭がクッキリしますので相当使いやすいです。

今までは床に座って行っていましたが椅子に座ることにって疲れも軽減されます。

ただ、腕がボードの角に当たって痛いので、フェルトみたいなものを貼るなど改良する余地があるようです。

ハンドピックは集中力と忍耐力ですので、できり限りストレスになる要因を無くすことが必要だと思います。

2015年1月 3日 (土)

電気ブラン

Photo
(Photo by Yukiko)

年始廻り第2弾。

嫁さんの実家に新年のご挨拶に行きました。

いつもは気にも止めないサイドボードに何やら気を引く物が・・・

東京の名門「神谷バー」の電気ブランがあるではないですか!!!!

一度は行ってみたいお店のMyランキングベスト1の看板メニューが身近に存在していたとは灯台下暗しでした。

幸いにも嫁さんの実家はお酒をそれ程飲まない家系でして、交渉の末ゲットすることが出来ました(ラッキー!)

過去15年前に一度だけ飲む機会があってからファンになりましたが、やはり「美味し!」の一言に尽きますね。

今年の正月は雪が多くて大変だけど、割と良い正月だな~(笑)

2015年1月 2日 (金)

エッグベネディクト

Photo
(Photo by Yukiko)

本日は年始回りのついでにちょっと外食をばしてみたりして。

アメリカンスタイルのステーキハウスでしたが、ステーキがちょっと重く感じたのもあり変わったメニューを探してましたら「エッグベネディクト」が目に止まりました。

お昼どきにエッグベネディクトもないのですが、何故か一度も食したことがないのもありチョイスしてみました。

お味の方ですが「オランデーズソース」は想像していた通りの味でした。左側にはベーコンが、右側にはスモークサーモンがサンドしていましたが、個人的にはスモークサーモンの方がすきですね。

ポーチドエッグを温泉たまごにアレンジすれば比較的手軽に出来そうな気がします。

久しぶりに美味しい一品に出会えた一日でした。

2015年1月 1日 (木)

2015新春

2015

20152

明けましておめでとうございます。

今年もこの焙煎室で我が相棒と日々焙煎を追求して参ります。

今年もよろしくお願いいたします。

せっかくの元日ですし、焙煎豆もちょうど無くなりましたので新春焙煎初めをしたいと考えてます。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »