フォト
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

ブラジル・モンテアレグレ・ブルボン入荷

Photo

Photo_2
先日ブログでブラジル・モンテアレグレに触れました。

それからというもの飲みたい衝動にかられ、購入してしまいました。

いつものワイルドさんには無いので、コーヒー総合商社「ワタル」さんより購入いたしました。

ワイルドさん以外からの購入は初めてですが、いつかは「ワタル」さんから購入出来たら良いなと思っていました。

最低購入量が5kgでしたがスペシャルティなので迷うことなく本日到着となりました。

ざっと見たところ目立った欠点豆は無いようですが、しっかりハンドピックして焙煎に向かいたいと思います。

5kgもあると色々なローストを試すことができるので楽しみです。

2014年10月27日 (月)

ショック!

在庫のイエメン・アラビアン・イスマイリが160g残ってました。

1ポンド焙煎機では半端な量なので久しぶりに手網で焙煎することに・・・

いつも通り水洗いして懐かしのキッチンのガス台で行いました。

15分程度で2ハゼまで持っていったのですが煎りムラが凄いです(笑)

確実に手網焙煎の技術が退化しています!

しか~し。ここで閃きまして、いつものように急速冷却しないで、ひたすら焙煎豆のザルを振って自然な冷却をしたところ、焙煎直後とは違い見た目は少し改善されました。

家の中には久しぶりに焙煎香が漂っています。焙煎豆もいつもと違って香りが立っているようです。やはり直火特有のものなのですね。

1ポンドメイトの皆さん。たまには手網焙煎してみて!確実に下手くそになってますが1ポンド焙煎機の有り難さを再確認できますよ(笑)

2014年10月26日 (日)

ブルーベリー

Photo

今日は思いのほか暖かい日でしたが、「雪虫」が飛び交っていたので、そろそろ冬支度を考えなければいけない時期になって来ました。

そんな訳で庭を掃除したところ、一角が空いたのと安売り中であったので、急遽ブルーベリー苗を植えてみました。

ハイブッシュ系3種とサザンハイブッシュ系2種の5種です。

植え方はネットで調べての付け焼刃(笑)ですが、それなりに上手く出来たようです。

あとはバークチップなどでマルチングして完了です。

こうして見ると、それぞれ葉の形が違うのと、紅葉するかしないかなど、いろいろ種類によって違うものですね。

上手く成長してくれますように!

2014年10月25日 (土)

街なか交流サロン2回目

本日「街なか交流サロン」企画第2回目が開催されました。

前回はサブ的な立場でしたが今回は完全スタッフとして参加いたしました。

本日のプログラムは、温泉セラピスト谷口氏による「温泉と健康のおはなし」と当町のマダムであります大正琴サークル・トレモロによる「懐かしの大正琴メロディ」です。

温泉については、正しい温泉の入り方や、改めて青森が温泉天国であるかを再認識できました。

大正琴は初めて生演奏を聴きましたが相当練習されているのが伝わってきました。

今後も色んな企画が開催されるようですが、珈琲に関するオファーがあれば、またやってみたいですね。

因みに前回の企画で私自身が珈琲を淹れている画像をアップします。
真剣に淹れている雰囲気が伝わるでしょうか(笑)?

Photo

Photo_2

2014年10月21日 (火)

ブラジル モンテアズール

Photo

昔々10年近く前、サイフォンで抽出してた時代に知人から頂いた焙煎豆が画像にある「ブラジル・モンテアズール」という豆でした。

当時余りにも美味しかったので記念にラベルを残しておきました。香味の記憶では、ハイローストぐらいですが、苦味・酸味・甘味のバランスが日本人好み的な感じで、ブルーマウンテンに似た印象でした。

今日ふと思い出して検索してみたところ、現在はモンテ・アレグレ農園のイエローブルボンということでして、なんと!スペシャルティ珈琲とのことで納得。

生豆が手に入るなら是非焙煎してみたい一品です。

2014年10月18日 (土)

マイスターコース2期の2日目

本日はマイスターコース2期の二日目です。

特別に石光商事(株)の石脇智広氏による「科学の目でみるおいしいコーヒー」というテーマ公開講座が開かれました。

1時間30分という限られた時間の中で抽出に特化しての講演でしたが、科学というより抽出の理論についてのお話でした。

My蔵書の中に石脇氏の著書「コーヒー(こつ)の科学」がありましたので、今回のお話は目新しい内容ではなかったのですが、話術というかトークは非常に参考になりました。

Photo
午前の講演が終了し、午後は場所を移動して通常のマイスターコースの受講になりました。

本日から念願の「カッピング」に突入となりましたが、やはり難しいというのが実感です。

今日は初日ということもあり、難しいことは抜きにして初歩的なカッピングのやり方について講義が行われました。

配られたカッピングシートは本当に適当です!だって正直いって分から無いのです(笑)

酸味がどうか苦味がどうかというハッキリした現象は当然分かるのですが、それが何点なのかという作業になると全然できません。

次回もカッピング重視の講座になるそうですが、少し予習していかないといけませんね。

イエメン、グアテマラ、マンデリンを使用ということで、最後にカップの品種を当てるという趣向がありました。

おかげさまでそれぞれ特徴がある豆なので全部正解することが出来ました(笑)

2014年10月15日 (水)

ちょっと奮発

5kg

在庫の生豆も残りあと僅か。

珈琲豆の価格も上昇気味でありますので、今回はちょこっと奮発して多めに仕入れました。

我が家の定番、モカについてはエチオピア・イルガチョフG-1ナチュラル・コチャレを初の5kg買いです。

そして準定番のケニア2種を500gづつと、とんとご無沙汰のエルサルバドルを2kg。

モカについては、前回までのウォッシュド・ドメルソも良かったですが、やはりナチュラルの香味が忘れられずコチャレを注文してしまいました。

しめて8kg購入となると保管も考えないといけません。これからの冬場は良いのですが夏場は専用の保冷庫が必要になって来ると思います。

さてハンドピックにとりかかるとしますか!

2014年10月 4日 (土)

マイスターコース2期目開始

本日からマイスターコース2期目が開始となりました。

1期目からの継続した方が10名、2期目からの方が5名ということです。

先生から2期目のカリキュラムの概要説明がありましたが、実地はカッピング主体で行うということなので自分的には嬉しい限りです。

不思議なもので1期目ではそれほど会話が無かった受講生ですが、2期目になったら急に打ち解け合ってきたようです。

本日の実地は自分の好きな豆を抽出するというものでした。自分は今朝パプアニューギニアを焙煎して行ったので何となくパプアニューギニアをチョイスしました。

結局15種類ぐらいの豆をカッピングしたのですが、これだけの種類をいっぺんにカッピングする機会はそうそう無いので楽しかったですね。

有名店のブレンドには必ずといっていいほど入っているグアテマラ。その良さがイマイチ分かりませんでしたが今日飲み比べてみてようやく理解できた気がします。

ウエウエテナンゴ産でしたが、優等生的な香味というか特別自己主張しないけどまとまっている感じの香味なんだと感じました。

このような性質だとメインを引き立てながらベースはしっかり守るみたいな仕上がりになるので多くのブレンドに使われるのですね。

次のセミナーが待ち遠しいです。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »