フォト
無料ブログはココログ

« ルビーマウンテンの続き | トップページ | イエメンのお味は・・・ »

2014年9月16日 (火)

イエメン・アラビアン・イスマイリの焙煎

久しぶりにイエメン産の豆を焙煎しました。

ハンドピック時からの感想は、予想通り欠点豆は多かったです。

生豆の香りは、ナチュラル・コチャレよりも大人しいかなといった感じです。

500gをいつも通りさっと水洗いしてから焙煎に入りました。

1ポンドメイトの検証でシリンダー内の熱対流を重視した水抜きを意識して、同じようにブロアー5.5で入ってみました(いつもは8.0若しくは8.5です)

プロファイルをアップすれば良いのですが、面倒なので結果だけ申し上げますと、総時間10:00、釜出しの温度225℃のハイローストでしたので、1ポンドメイトのデータとほぼ同じ結果となりました。

焙煎量が150gと500gとの違いはありますが、データ的な結果は同じになったことは少し驚きです。

あとは香味ですが、以前は3日目あたりから香味が増して来てました。

水洗いするようになってからは4日ないし5日目あたりからグンと香味が出始める傾向があります。

明日の朝から飲んでみますが、どのような香味の変化があるか楽しみです。

« ルビーマウンテンの続き | トップページ | イエメンのお味は・・・ »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエメン・アラビアン・イスマイリの焙煎:

« ルビーマウンテンの続き | トップページ | イエメンのお味は・・・ »