フォト
無料ブログはココログ

« ちょっとブレイクの続き | トップページ | 1ポンド焙煎機のダンパー »

2014年4月19日 (土)

イルガチョフの500g焙煎

以前に500g焙煎の手応えを感じていたものの、中点80°に囚われ過ぎていましたが、1ポンド仲間の意見を受けてイルガチョフ・コチャレを500g焙煎しました。

1.投入温度100°
2.ガス圧1.4、ブロア6.5
3.中点50°(投入後1:00)
4.100°まで4:14(やはり時間がかかります)
5.1ハゼ   8:30 豆温度196°
6.2ハゼ 11:30 豆温度220°
7.煎止め 12:30 豆温度235°排気温度220°
8.総時間 16:44

250gではフレンチローストに近い仕上がりですが、500gではフルシティです。
上昇温度は11°と緩やかに進行し、豆にストレスを与えていないような手応えを感じます。

肝心の香味ですが、3日目までは全体的に控えめで4日目からモカらしさが出初めてきました。
以前はここから1週間過ぎても香味が持続しましたので、恐らく今回も同じ状態が期待できると思います。

普通の焙煎機は容量を60~80%で行うとされてますが、1ポンド焙煎機に関してはフル容量で行うのが合っているのかも知れません。

今後も500gで検証してみますが、やはり美味しく仕上がると嬉しいです!

« ちょっとブレイクの続き | トップページ | 1ポンド焙煎機のダンパー »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イルガチョフの500g焙煎:

« ちょっとブレイクの続き | トップページ | 1ポンド焙煎機のダンパー »