フォト
無料ブログはココログ

« 500g焙煎 | トップページ | 青森名物 »

2014年3月 1日 (土)

エチオピア・コチャレを500g焙煎

娘と妹宅へ送るためにエチオピア・コチャレを焙煎しました。
引き続き500gで焙煎しました、今朝試飲したところ相当良い感じに仕上がってます。
ただ、1週間後の味の抜けが無ければ良いのですが。

最近気を付けている点は
1.1ハゼまで上昇温度を10°~11°をキープする
2.ポイントでカロリーを的確に伝える
3.全体的に出来るだけ熱のストレスを与えない

以上3点です。

焙煎データはこちら↓

「Ethiopia.xls」をダウンロード

« 500g焙煎 | トップページ | 青森名物 »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

チャレンジャーというより無謀ですよね(笑)
ケニアとエチオピアはキャラクターがはっきりしていますし、200gよりも400g、そして500gの方がよりくっきりしているように感じました。
エチオピアは素直に「美味しい」と思えました。
チャフについては、どうしても豆に黒く小さいのが最後までこびり付いています。そのほかのチャフは黄色と黒が半分づづという感じですが大きいのがほとんどでした。
エチオピアのフォックスはこれが限界かなと感じてます。
燻り臭がないので今のところ良しとしてます。

500グラム焙煎、チャレンジャーですね

ガス圧低めで入って、2段階でアップ

チャフの取れ具合はどうですか?

私は、低めで入って1段階アップでチャレンジ中です

少し黒くなるチャフもあります

ただ味の違いがどうなのかよくわからない

味見の経験不足はいかんともし難い(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エチオピア・コチャレを500g焙煎:

« 500g焙煎 | トップページ | 青森名物 »