フォト
無料ブログはココログ

« オフィスコーヒー | トップページ | タンザニアについて »

2013年12月18日 (水)

オフィスコーヒーのその後

先日のオフィスコーヒーについて、職場内で結論が出ました。

コーヒーメーカーの後、コーヒーポッドもあるということで試してみました。確かに1杯仕立てで抽出できるのですが、1回のお湯で3杯しか対応ができないとのことです。ということは誰かが常に水を入れておく作業がつきまとうことになります。
そして試飲してみましたが、舌にザラつき感が残り、美味しいと感じるものではありませんでした。マシンとポッドのメーカー名は差し控えますが、ポッド式もまだまだ改良の余地がありますね。

ということで、コーヒーメーカーとポッド式メーカーのどちらも、帯に短し襷に長しということで、今回は導入を見送るという結論に達しました。

こうしてみると、オフィスコーヒーって難しいですよ!私的に今回は消費者サイドの目線で試飲できたので大変勉強になりました。

昔の吉野家のキャッチコピーじゃないけれど「早い・安い・旨い」と「手軽」を実現できればオフィスコーヒーの市場はもっと拡大する可能性があると思いました。

例えば、マシンの性能に限界があるとするならば、仮称「オフィス・バリスタ」制度を立ち上げるとか!
あれ?これは私個人の願望だけから来る発想ですね(笑)

« オフィスコーヒー | トップページ | タンザニアについて »

珈琲のこと」カテゴリの記事

コメント

浅学な知識ですが、手順を簡略化しておいしい珈琲を飲むためには焙煎後の酸化をどうやっておさえることかと思いますね。
今のところ無さそうなので、手間暇かけた「オフィイス・バリスタ」制度賛成です。でもその為の一歩はローストビーンズさんが、〝まかせてもらって〟ください(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オフィスコーヒーのその後:

« オフィスコーヒー | トップページ | タンザニアについて »