フォト
無料ブログはココログ

« 松山にて | トップページ | なんとなく »

2013年11月 9日 (土)

出張から帰りました

3日ぶりに青森へ帰ってきました。青森空港に到着したのが午後7時30分です。
そしたら全然気温が違うのです。松山を出た頃は20度ありましたが、青森は1度!
19度の差がありました。予想していたとは言え結構びっくりです。

今回の出張にて最大の発見がありました!

珈琲関連の事ではなく、みかんジュースに関連したものです。
以前、「秘密のケンミンショー」で、給食に「みかんご飯」なるものが定番としてあり、松山市の子供たちは全員大好きである!とありました。

私的には、この企画に当初から疑問を持ってました。海外の方ならば味覚の違いでありえなくもないのですが、日本人の味覚ではありえないのではないかと思っていて、いつか松山市の人出会う機会があったら訊ねてみたいと思っていました。

ということで出張2日目、若衆2人を引き連れて夜の繁華街でリサーチいたしました(笑)

そしたら、案の定5人全員が給食のみかんご飯は大嫌い。しょうがなく食べていたとの回答をゲットしました。
リサーチのサンプル数としては少ないですが、かなり正確な情報だったと自負しております。

あの番組の企画としては、相当無謀だったのではと思って今回の収穫としたいと思います(笑)

でもみかんご飯は置いといて、愛媛県松山市はいろんな意味で好きになりました。

« 松山にて | トップページ | なんとなく »

その他」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
本当に日本は狭いようで広いですよね。
実はみかん風味の珈琲ありました!松山空港の売店にあったのですが、「坊ちゃん珈琲」という商品名のフレーバー珈琲です。「いよかん」と「中山栗」風味のドリップバックでした。
もともとフレーバー珈琲には興味が無かったので買ってきませんでしたが、「いよかん」の香りがする珈琲ってどんな感じなのでしょうね(笑)

珈琲の甘さについてですが、化学的に書いている本があったので、いつか紹介します。私的な甘さの定義は1ハゼに入った直後の状態で綺麗な酸味が出ている豆は、フルシティで上品な甘味が出るとしております。
化学的な根拠はありません(笑)
でも甘さは、香りや舌触り(濃度)やその他の複合的な要因によって感じるのではないでしょうかね?日本人は甘味に対する欲求が強い人種だと聞いたことがあるので、本能的にいろいろな要素を甘味に置き換えるようになっているのかも知れません。
これも化学的根拠は一切ありません(笑)

おはようございます。
みかんご飯、ところ変われば・・・。未体験ゾーン、興味深いですね。
珈琲にもみかん風味があっても良いかな(笑)。

マンデリン、1ハゼ後15秒くらいですが、即は甘味を十分に感じ、翌日は酸味強すぎ。
ワイルドさんに聞いたところ、ブログにアップしたお答えでしたのでおっしゃるようにフルシティーが良いかなという感じです。

昨日は、深めにしてみました。
ちょっと工夫してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張から帰りました:

« 松山にて | トップページ | なんとなく »