フォト
無料ブログはココログ

« なんとなく | トップページ | 今年最後の注文 »

2013年11月24日 (日)

なんかマンネリ

チビハンで焙煎し始めて6ヶ月。1ポンド焙煎機の仲間達と情報交換しながら試行錯誤を繰り返してきました。

最近は一定の香味を出せるようになってきましたが、どうもマンネリ化しています。

という訳で、ここは一つ初心に帰って「手網焙煎」してみました。マンネリ化を打破する目的はもちろんですが、チャフが剥がれ始めるタイミングを確認したいという目的もありましたので、太郎くん1号よりも手網をチョイスしました。

真空パックしておいた「ブラジル樹上完熟」160gを焙煎しましたが、やはり腕の疲れが半端でないです!
敢えて豆を水洗いしないで焙煎しましたのでチャフの散らかり方も凄かったですよ(笑)

でも手網を振っている時に「ここから始まったんだよな」と思ったら感慨深いものがありました。

久しぶりの手網焙煎のお味がどうなっているか楽しみです。

« なんとなく | トップページ | 今年最後の注文 »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。注意というより、当時よりは焙煎中のイメージを具体的に描きながら出来るようになった気がします。
手網焙煎は豆の色と香りとハゼの情報だけで焙煎しますよね。そこに普段行っている数値のイメージを重ねることができましたね。「今の豆温度はこれぐらいだろうな」みたいな感じです。
ブログにお味のこと書いてませんが、懐かしいダイレクトな味でした。でもちょっと「イガ」とするものは相変わらずでしたね。
isekimaruさんも気分転換にどうですか?(笑)

手網は手網で面白さがありますよね。
焙煎機を購入する前と後では、手網で焙煎するときに注意する点は変わっていたりしましたか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんとなく | トップページ | 今年最後の注文 »