フォト
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

ケニアの4日目

今朝4日目のケニアを飲んでみましたが、幸いカロリーオーバーによる味抜けは起きていないようです。
寒い季節で、堅い豆質はこれぐらいの火力で大丈夫ということがわかりました。

今までの焙煎を振り返ってみると、過剰ににカロリーオーバーを気にしていたように思います。その証拠に排気温度が220℃程度で煎り上げているケースが多く、どの豆も全体的に大人しい仕上がりだったように思います。

今回の焙煎で冬場はガンガン火力を使えるようですので、今までとは違った香味が出せそうな気になってきました。

ただ、これから真冬に向かうにつれて焙煎場の気温が益々下がります。下手したら氷点下もあるかも!服装も完全防備で向かわないといけません(笑)

2013年11月27日 (水)

ケニアの焙煎

夕べ検証焙煎したケニアの感想について報告します。
予想通り香りが出せました。味についてもケニア特有の濃厚さが出せてます。

最近は投入量を400gで行ってます。ケニアだけでなく、メキシコやイエメンについても香りが微妙に少ないなと感じておりました。

香りの強いはずのケニアなのに、3~4日経過しても香りが強くなるどころか味も抜けていく現象が発生。ずっと原因を考えていました。

結論としては、冬場の低温によるカロリー不足だと思い、いつもよりカロリーオーバー覚悟で火力と投入温度を高めにして焙煎してみたところ、ケニアらしい香味がだせました。

うちの焙煎場は暖房設備が無く、今は屋内でも10°を下回ります。考えてみればこの気温でいつもと同じ設定で焙煎することの方がおかしいですよね。

堅い豆質のケニアに対して、冷たい外気もシリンダーに取り込むわけですから、カロリーが不足するのは当然ですね。排気温度が最高で210°までしか上がってこない時に気付くべきでした。

ただ、恐らくカロリーオーバーだと思うので、4日後には気が抜けた香味になると思います。
抜けてなければ良いのですが、もしそうなら調整しなくてはいけませんね。

やはり焙煎は奥が深いです。

2013年11月26日 (火)

今年最後の注文

恐らく今年最後の注文をワイルドさんへ流しました。

最近お気に入りのコロンビア・ミルキーセレクト2013と久しぶりのイルガチョフG-1ナチュラルコチャレです。

それぞれ2Kgづつなので、在庫と併せても年末・年始は大丈夫でしょう!

でも、お歳暮替わりに送ることになれば不足するかもしれませんね。

話は変わりますが、先日焙煎したケニアが久しぶりの失敗焙煎でした。まず香りが全く出ません。いろいろ原因を追求してみて、ある結論に達しましたので本日検証焙煎してみました。

結果はお味をみてからアップします。

2013年11月24日 (日)

なんかマンネリ

チビハンで焙煎し始めて6ヶ月。1ポンド焙煎機の仲間達と情報交換しながら試行錯誤を繰り返してきました。

最近は一定の香味を出せるようになってきましたが、どうもマンネリ化しています。

という訳で、ここは一つ初心に帰って「手網焙煎」してみました。マンネリ化を打破する目的はもちろんですが、チャフが剥がれ始めるタイミングを確認したいという目的もありましたので、太郎くん1号よりも手網をチョイスしました。

真空パックしておいた「ブラジル樹上完熟」160gを焙煎しましたが、やはり腕の疲れが半端でないです!
敢えて豆を水洗いしないで焙煎しましたのでチャフの散らかり方も凄かったですよ(笑)

でも手網を振っている時に「ここから始まったんだよな」と思ったら感慨深いものがありました。

久しぶりの手網焙煎のお味がどうなっているか楽しみです。

2013年11月10日 (日)

なんとなく

いつものように、何となくヤフーオークションにて焙煎機を見ていました。
そしたら、なんと!ワイルドさんの100g焙煎機が出品されておりました!

カセットコンロに置くタイプで、パンチングされた直火式シリンダーがモーターで作動するだけのシンプルな焙煎機です。豆温度計や簡易ダンパーなども一切無い初号機的な焙煎機にワイルドさんの原点を見た気がしました。

出品している焙煎機は画像だけで判断すると、相当大事に使用していたか、ほぼ使用していなかったかどちらかという位綺麗ですね。
私的には前者でいてくれたらなーと思います。

うちのチビハンの大先輩に当たる焙煎機ですが、熱源は同じガスコンロにしても、進化しているなと思います。

興味がある方は一度見に行っては如何?

2013年11月 9日 (土)

出張から帰りました

3日ぶりに青森へ帰ってきました。青森空港に到着したのが午後7時30分です。
そしたら全然気温が違うのです。松山を出た頃は20度ありましたが、青森は1度!
19度の差がありました。予想していたとは言え結構びっくりです。

今回の出張にて最大の発見がありました!

珈琲関連の事ではなく、みかんジュースに関連したものです。
以前、「秘密のケンミンショー」で、給食に「みかんご飯」なるものが定番としてあり、松山市の子供たちは全員大好きである!とありました。

私的には、この企画に当初から疑問を持ってました。海外の方ならば味覚の違いでありえなくもないのですが、日本人の味覚ではありえないのではないかと思っていて、いつか松山市の人出会う機会があったら訊ねてみたいと思っていました。

ということで出張2日目、若衆2人を引き連れて夜の繁華街でリサーチいたしました(笑)

そしたら、案の定5人全員が給食のみかんご飯は大嫌い。しょうがなく食べていたとの回答をゲットしました。
リサーチのサンプル数としては少ないですが、かなり正確な情報だったと自負しております。

あの番組の企画としては、相当無謀だったのではと思って今回の収穫としたいと思います(笑)

でもみかんご飯は置いといて、愛媛県松山市はいろんな意味で好きになりました。

松山にて

出張3日目の朝です。自前のPCがないので宿泊先のホテルのPCでアクセスしました。

頻繁に出張があれば出張用のPCを買うと思うのですが、最近はホテルに備え付けだったり貸し出しだったりのサービスがあるから便利な世の中になったものですね。

本日は帰るだけの日程ですが、青森は明後日あたりから雪模様なので、到着後タイヤ交換します。

四国松山のコーヒー事情なのですが、繁華街を歩いても、あまり自家焙煎やらカフェやらが目に付きませんね。でも以外にホテルの朝食コーヒーは美味しかったです、

ではこれから帰ります!

2013年11月 6日 (水)

出張です

本当に珍しく出張します。行先は四国は愛媛県松山市です。

青森からは飛行機を乗り継いで行くことになりますが、四国初体験です。
当然仕事オンリーの旅ですが、暇を見つけて美味しい珈琲屋さんを探してみようと思います。

正直言って四国ならば四万十川の美味いもんを食べたいと思ってましたが、どうもスケジュール的に実現しそうにないです(悲)

とりあえず行ってまいります!

2013年11月 3日 (日)

やったぜ楽天イーグルス!2013東北の奇跡

楽天イーグルスがとうとうやってくれました!

最後の最後までドキドキしながら見入った試合は本当に久しぶりです。
昨日エース田中で落としたので正直「ダメかな」と思っていましたが、選手は諦めていなかったのですね。

ライブで試合を観ていたはずなのですが、いつの間にか映画の1シーンを思わせるような星野監督の選手起用。
近代ベースボールではありえない采配は恐らく賛否両論でしょうが、私的には心の何処かで望んでいた展開でした。

スタジアムの観客の涙が過去から現在のすべてを物語っていたように思います。そして試合後の監督や選手の言葉を静かに聞いているところに東北人の奥ゆかしさを感じました。

「やれば出来る」そんな勇気をくれた日本シリーズだったと思います。

2013年11月 2日 (土)

腹が立つこと(怒)

手網焙煎から始まり、手回し焙煎機「太郎くん1号」そして念願の「チビハン」に至ってますが、未だにYahoo!オークションに「焙煎機」でアクセスしてます。

チビハン購入以前は、中古の焙煎機が出回っていないかな?と思って見てましたが、今もなんとなく見てます。

見始めてた頃からのことですが、どう見ても土木工事に使うコンクリートミキサーみたいなのが出品されております。あれに腹立ちますね(怒)

なんか焙煎機がバカにされているような感じがしますので、いいかげんアップしないで欲しいです。

こんな事に怒るのは器が小さいですかね(笑)

2013年11月 1日 (金)

400gパート3

10/25に400g焙煎したアマレロ・ブルボン。

230度で煎り止めしたフルシティにもかかわらず、1週間経過しても表面にオイルが出てません。これは初めての経験です。

毎朝飲んできましたが、香味が特別変化した感じもなく、一定の味を保ってました。

ということは、豆の表面を壊さないように焙煎できたということなのでしょうかね?

やはり400g焙煎がチビハンのベストウェイトなのでしょうか。

アマレロ・ブルボンを使い切ってしまったので、在庫も乏しくなってきました。

んでもって再度のメキシコ/クルスグランデとケニアのブラックベリー各2Kgをワイルド珈琲さんにオーダーしました。

クルスグランデは前回購入してお気に入りになったので再度。ケニアについては、ニエリ++よりワンランク上の香味を体験したくてワイルド珈琲さんへオーダーしました

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »