フォト
無料ブログはココログ

« 1ポンド焙煎機公開します | トップページ | ハニーショコラの焙煎2 »

2013年7月 8日 (月)

ハニーショコラの焙煎

250708
昨日は焙煎出来ませんでしたので、晩酌後ハニーショコラをチョイスして焙煎しました。

今回は、焙煎に入る前に焼酎をちびり呑りながら焙煎プランを練ってから開始しました。

細かいデータをブログに載せることが出来ませんが、結果は今までで(過去5回)一番良かったと思います。
シティを狙いました。皺もなく綺麗だと思います。

250708_2

チャフもほとんど焦げたものが無かったです。

今回のデータを店長さんへ送ってアドバイスを頂きたいと思います。

« 1ポンド焙煎機公開します | トップページ | ハニーショコラの焙煎2 »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

>fujinoriさん
あ、ホッパーの開閉は排気の強弱の確認の時のみ行うという意味でした。
スプーンの差込口でも排気の強弱は確認出来るのですが、私の指導のときも「豆温度が不安定になるから最小限に」とワイルドさんに言われました。

ホッパーを開閉したままの焙煎の場合、全開だと豆温度の上昇が著しく低下、半開だと排気を絞った状況ではそれほど変わらないという感じでした。

豆の状態の確認は僕も全くしていません笑 データ取りに精一杯です
フレンチくらいの深煎りになると確認しようかと思います。

コメントをどちらに書くのか迷いますが臨機応変にいきますね。ホッパー部の開閉なんてぜんぜん頭にありませんでしたが、使い方で凄く変化しますね。豆の色の確認でも指導時にはスプーンを完全に抜いてしまうと影響が大きすぎるので最低限色の確認だけが良いとのことでした(完全に抜かない)。それでデーター取りも忙しくもありこれまでの焙煎では途中で豆の状態は見ていません。空気の動きについては、業務用焙煎機の機密性がどれほどなのかわかりませんが、1ポンドはそれほど高くはないと思うのでホーパーの開閉を活用した方が良いのかブロアーのみで行うか迷います。まぁ、何でもチャレンジです。
やはり、当方も人材不足です。例年小学生20名程度でしたが今年は12名。大人も新しく入る方がいなくて高年齢化してきました。ローストビーンズさん笛は大変でしょうね。私も数年前にチャレンジしましたが、酸欠でクラクラしあきらめました。が、再度挑戦するつもりです。これも人材不足が原因です。

>データの送付
是非よろしくお願いします。
いずれは皆で豆の交換もしてみたいのですがどうでしょう?

isekimaruさんへ
おはようございます。東北地方は梅雨明けしてないとはいえ暑くなりましたね。この程度で暑いといったらfujinoriさんに叱られそうですが(笑)
ブログのとおり、夕べの焙煎は確かにワイルドさんのデータに近かったと思ってます。でも、細かい点がいくつかありましたので、その辺をアドバイスしてもらおうかと早速データを送付しました。
今までと大きく違った点があります。ヒントはお二人から頂いたのですが、ニュートラルのことです。今までの5回の焙煎はホッパーを完全に閉じて行っていました。何となくそうしていたのですが、予熱の段階でふとニュートラルのことを思い出し、ホッパーを開けてみたら、豆温度計の進行がゆっくりとなりました。
まだまだ本物ではないですが、データを送付しましょうか?

結果が良かったというのは、ワイルドさんの焙煎データにより近かったということでしょうか?

短時間を狙って色々やってみたのですが煮詰まってる状況です。
みんなの声でも投稿したのですが、排気温度を230度以下に抑えると、最初のガス圧を1.7~2.0まで上げても焙煎時間はほとんど変わらないのです。
あとはブロアーを絞り気味にするなどで対応するしかないのが現状です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハニーショコラの焙煎:

« 1ポンド焙煎機公開します | トップページ | ハニーショコラの焙煎2 »