フォト
無料ブログはココログ

« 1ポンド焙煎機で初焙煎 | トップページ | 1ポンド焙煎機で2回目 »

2013年7月 1日 (月)

味見してみました

夕べ遅くに初焙煎したブラジル晩秋樹上完熟を、今朝飲んでみました。8時間経過したのでテイスティングにはちょうど良い時間です。

焙煎機の操作自体は大失敗でしたが、意外と美味しく仕上がっております。
今まではどうしても若干ながら「イガっ」としたものが残っていましたが、それが前々感じられません。やはりチャフを飛ばす機能があるか無いかでこんなにも違うのですね。

全体的な印象は「スッキリ」とした珈琲です。

« 1ポンド焙煎機で初焙煎 | トップページ | 1ポンド焙煎機で2回目 »

珈琲のこと」カテゴリの記事

コメント

isekimaruへ
同感です。今までも何回となく3日目に美味しく化けた経験があります。本当に同じ豆なのか?と思うぐらいの経時変化を何回も体験しました。
なので、友人知人に豆を提供するタイミングを初日からなのか3日目からなのか、いつも悩んでます。

手鍋で焙煎していましたが、1ポンドは私も「スッキリ」といった印象です。
薄いというより味が明瞭になっているという感じでしょうか。失敗で酸味が強くなったときなどは「凄くクリアなキツい酸味で綺麗なのに飲みにくい」という奇妙な体験をしました笑
ただ、ハニーショコラ・フルシティの焙煎直後を試飲して「やっぱりスッキリだなあ」と思っていたのが、3日後にトロみのあるずっしりビターな珈琲に化けてた事もあります。違う豆を淹れたのかと疑うくらいに印象が変わってました。

スッキリ感を強く感じます。感想を聞いたところ雑味がないとのことでした。では、コクはどうなんだろうかと今チャレンジしています。手網の場合のチャフの影響と直火か熱風かの差でこれがおいしいということなのか疑問がわき、いろいろチャレンジしないとわかんないな!というのが今の心境です。正直、今までは雑味をコクと感じていたかもなんて疑心暗鬼にも。うまい珈琲を飲み比べないとわからないでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味見してみました:

« 1ポンド焙煎機で初焙煎 | トップページ | 1ポンド焙煎機で2回目 »