フォト
無料ブログはココログ

« モブラコを4回焙煎 | トップページ | 練習第3クール »

2013年7月23日 (火)

オフィス用コーヒー

Photo

オフィスでモニターを引き受けてくださった所がありました。これで3件目です。

挽いて欲しいということですので、容器をキャニスターにしようか迷いましたが、「ちょっとまてョ」と思い、以前購入していた薄いポリ袋を引っ張り出して、シーラーでくっつくか実験してみました。

温度の調節は必要でしたが、見事くっつくことに成功です。さっそく50gづつ小分けにして明日お届けに上がろうと思います。

オフィスで引き受けてくれると、200g単位で出ていきますので、焙煎練習に無駄がありませんね。

« モブラコを4回焙煎 | トップページ | 練習第3クール »

珈琲のこと」カテゴリの記事

コメント

>管理人様
酸味は好みが分かれますよね
最近はCOE銘柄やスペシャリティ珈琲を取り入れた酸味の珈琲も主流になりつつありますが、苦手な人は苦手っぽいです。
僕も酸味が前面に出られると苦手です笑 味を引き締めるような酸味は飲み応えが出てくるので好きですが

>fujinoriさん
豆の量や形状が変わるとまた違ってくるのかもしれませんね。

今日はモブラコの焙煎で排気を極端にいじってみました。
豆温度190℃でブロアー8.0に上げて煎り止めの13:37-230℃まで。
ガス圧は1.7→1.3
10円ハゲが出来るかと思いきや、2粒くらいでした。豆温度も普通に上昇。
いつもと異なったのは1ハゼの温度がいつもより低かったくらいです(196℃→193℃)
経時変化による味の抜けが心配です笑

isekimaruさん
確かにガス圧2,0でも100℃からの1分間の上昇温度は20度でした。まだ1度しかためしていませんが。

私もテストスプーンを完全に抜いてみたことないですね。
まだまだデータ取りに翻弄されている状態なので、色や香りを確認する余裕はないです。
ただ6分あたりの色の変化だけは確認するようにしてます。
そんなに温度に影響があれば、気を付けないといけませんね。

とあるオフィスのモニターさんから早速感想頂きました!モブラコでしたが、やはり酸味が好みの分かれ目なようです。

周りに珈琲をたしなむ人が多くて羨ましいですねえ、評判はどうですか?

>fujinoriさん
一度だけガス圧2.0で試したんですが、思ったほど豆温度の上昇速度は上がらないように感じます。
1.7と1.8では1.7の方が早く温まったこともあります。豆によって熱を受け取る限界みたいなのがあるんでしょうか?

余熱中にスプーンを抜いてみたのですが、確かに温度の下降が激しくなりますね。使いどころが難しいというか、むしろ使えないのではないでしょうか笑

パプアのキンデンエステート・ピーベリの場合、投入は、90度、中点は気温の変化により77℃から83℃。ガス圧が、1,7の時の1ハゼは、8分50秒前後、2,0の時は8分25秒でした。簡単ですがこんな感じです。
正直、今は練習の為の練習のような感じでデーターをどう生かして、味に反映させるには、どいしたら良いのか暗中模索です!
2ハゼの音は、皆感じていたんですね。何でも言ってみないとわかりませんね。
ではついでに!豆の色は焙煎室が暗いこともありまず確認しないのですが、ハンドピックの不良豆で中点の確認をしていた時に見てい気付いたんですが、完全に抜くと豆が飛び出してきますね。完全に抜くと温度変化が激しく下降するので抜けないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オフィス用コーヒー:

« モブラコを4回焙煎 | トップページ | 練習第3クール »