フォト
無料ブログはココログ

« あの日から | トップページ | ワイルド珈琲さんの新作焙煎機について »

2013年3月13日 (水)

ホワイトデーのことで

何処の誰が考えたのかわかりませんが、ホワイトデーのことです。このイベントは、記憶を辿って行くと、私が小学生の頃、今から35年前には既にあったと思います。バレンタインに比べると存在感は薄いですが、確かにあったと記憶しております。

ということで、仕事帰りにバレンタインのお返しにとクッキーなんぞを物色しに行ってまいりました。終業時間が8時近くでしたので、田舎の有名処のお菓子屋さん(私は「スイーツ」という言葉が嫌いです)はほとんど閉店している時間なので、近くのショッピングモールに行ってみました。

ご多分に漏れず、入り口から入ってすぐの催事場的なところに、「デーン」とお菓子のブースが設けられております。そこで目にしたのが私と同じような年代のおじさん達が多数うろうろしているのを目撃してしまいました。催事場に並んでいるお菓子なので、ぱっと見て大したことのないような、貰っても嬉しくないような商品が並んでいるのを真剣な眼差しで見ている同志達。ちょっと悲しくなりその場を後にしました。

世の中のおやじさんは、お小遣いが限られておりますので、気持ちは痛い位分りますが、せっかくのお返しなので催事場の品で済ませてはいかんと思います。というか、選んでいる姿に悲壮感が漂っておりました。これでは貰った相手に失礼だと思います。

やはり、甘いものが苦手でも自分が食べてみたいとか、これは相手が喜ぶだろうなとか楽しみがあるべきものと私は考えます。

ということで、明日しかないのですが、ちゃんとしたお店に行こうと思います。そして自分で焙煎した珈琲を添えて送れば完璧!

今年は無理ですが、来年ホワイトデーに一品珈琲を添えたい方がおりましたら、一緒に作ってみませんか?

« あの日から | トップページ | ワイルド珈琲さんの新作焙煎機について »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトデーのことで:

« あの日から | トップページ | ワイルド珈琲さんの新作焙煎機について »