フォト
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月25日 (月)

インフルエンザのこと

先週の金曜日。前日から風邪の症状があり熱もあったので大事をとってお休みをいただきました。熱も37度前半でしたので1日ゆっくり休んでいれば、土日で治るだろうと思っておりましたが、熱はそれほど上がらないものの、体の痛さが半端でなくなり、土曜日に、やっとの思いでお医者さんへ。

そしたら「インフルエンザA型」の診断!速攻でワクチンを接種してもらいました。1日遅かったので、月曜日もお休みする羽目になり職場には迷惑をかけてしまいました。
流行が下火になっていたので認識が甘かったのですが、まさかインフルエンザとは思いもよりませんでした。

これほど体調が悪いと大好きな珈琲も飲む気になれませんね。4日間も飲まない期間があるなんて初めての経験です。

やはり健康な体があってはじめて美味しい珈琲が飲める喜びを実感した数日でした。

2013年3月16日 (土)

ワイルド珈琲さんの新作焙煎機について

北国津軽はまだまだ寒いですが、雪解けも進んで春めいてまいりました。

ところで最近ワイルド珈琲さんが新作の小型焙煎機が制作しているようですね。仮称「1ポンド焙煎機」ということですが、最少120gから450gまで可能とあります。
装備類もダンパーではなくインバーター制御の排気ファンも装備されるようなので、小型にしてはフル装備と考えてよいのではないでしょうか? 価格は20万円代ということです。

実は最近、「ナナハン焙煎樹」を購入したかったのですが、ダメだしを食らっており少々凹んでいました。この価格なら再度アタックしてみようと思っております。

2013年3月13日 (水)

ホワイトデーのことで

何処の誰が考えたのかわかりませんが、ホワイトデーのことです。このイベントは、記憶を辿って行くと、私が小学生の頃、今から35年前には既にあったと思います。バレンタインに比べると存在感は薄いですが、確かにあったと記憶しております。

ということで、仕事帰りにバレンタインのお返しにとクッキーなんぞを物色しに行ってまいりました。終業時間が8時近くでしたので、田舎の有名処のお菓子屋さん(私は「スイーツ」という言葉が嫌いです)はほとんど閉店している時間なので、近くのショッピングモールに行ってみました。

ご多分に漏れず、入り口から入ってすぐの催事場的なところに、「デーン」とお菓子のブースが設けられております。そこで目にしたのが私と同じような年代のおじさん達が多数うろうろしているのを目撃してしまいました。催事場に並んでいるお菓子なので、ぱっと見て大したことのないような、貰っても嬉しくないような商品が並んでいるのを真剣な眼差しで見ている同志達。ちょっと悲しくなりその場を後にしました。

世の中のおやじさんは、お小遣いが限られておりますので、気持ちは痛い位分りますが、せっかくのお返しなので催事場の品で済ませてはいかんと思います。というか、選んでいる姿に悲壮感が漂っておりました。これでは貰った相手に失礼だと思います。

やはり、甘いものが苦手でも自分が食べてみたいとか、これは相手が喜ぶだろうなとか楽しみがあるべきものと私は考えます。

ということで、明日しかないのですが、ちゃんとしたお店に行こうと思います。そして自分で焙煎した珈琲を添えて送れば完璧!

今年は無理ですが、来年ホワイトデーに一品珈琲を添えたい方がおりましたら、一緒に作ってみませんか?

2013年3月11日 (月)

あの日から

3.11のあの日から2年が過ぎようとしております。

2年前の今日は、3月なのに寒く暗く、不安な午後でした。

津波による直接被害が無かった地域でしたが、断片的に入ってくるラジオからのニュースをじっと暗い家の中で聞いていた夜でした。

故郷を追われ、何時帰れるともわからないまま避難先で暮らしている友と友の家族が、今日と云う日をどんな気持ちで過ごしているのかと思うと切なくなります。

そして、あの日お亡くなりのなった方々にあらためてご冥福をお祈りいたします。

2013年3月10日 (日)

コーヒーコーディネーター

Photo
今日郵便物の中に、ひときわ大きな封筒が。

差出人を見て「あっ!」と思い、開けてみると「コーヒーコーディネーター」の認定書が入っておりました。

約1年半前に終了していた検定講座。受講料を口座引き落としで分割払いにしておいたので、すっかり存在自体を忘れておりました。

受講料の払い込みが終了したので認定されたのですね。

SCAJのマイスターから見たらカスみたいなものですが、どこかに飾っておこうと思います。

2013年3月 4日 (月)

究極の失敗焙煎?

本日月曜日のPM10:40。

相変わらずの遅い帰宅後に晩酌しておりましたら、テーブルの下に生豆2個発見しました。

大きさから、すぐシダモG-1とわかりました。きっと先日焙煎した時にこぼれたのでしょう。
捨てるのも何か忍びなく、なんとなくストーブの上に置いて、爆ぜるのを見ながらお酒をちびちびしておりました。

しかし、10分たっても20分たっても黒くなるだけで、いっこうに爆ぜる気配がありません。

時々お箸でコロコロ転がしてみますが爆ぜることなくまっ黒焦げになってしまいました。

これって究極の失敗焙煎なのでは?失敗のメカニズムをちょっと考えてみようと思います。

2013年3月 3日 (日)

津軽の雪

本日、日付が変わりまして3月3日。

ようやく青森県全域に発令されていた暴風雪波浪警報が津軽地方だけ解除されました。先週も酷かったですが、今回も相当なものでした。
主要幹線は事故で通行止め。迂回路は雪の吹き溜まりで超デコボコ状態。最悪のコンディションでした。

雪にあまりご縁のない方に教えますが、雪って上空から「ふわふわ」と降ってくると思ってませんか? 「ウワー!ロマンティック!」みたいな。

残念!北国の雪は、生易しくないのです。今日みたいな警報発令状態下での雪は、上からではなく、下から吹き上げてきます。英語で言うと「ブリザード」ですか?

このような状態になると、車を運転している時は1メートル先が見えなくなります。恐怖ですよ! しかし!止まってはいけません。後続の車両が来ているはずなので、見えない状態でもゆっくりと前へ進むしかないのです。怖いですよ!

あまり雪にご縁のない他県の方。この季節に津軽にお越しの際は、自家用車では来ないことをお勧めいたします。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »