フォト
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

エチオピア/シダモG-1ナチュラル・グジ

本日は日曜日。なのに津軽地方には暴風雪波浪警報発令中。物凄い吹雪で完全にホワイト・アウト状態です。

今朝5時から除雪しておりましたが、せっかく片付けた雪はもとに戻ってしまいました。うんざりですね。

とはいえ、一通り片付けた後朝食となりまして、夕べ焙煎したシダモG-1を淹れてみました。

まだ8時間しか経過しておりませんがテイスティング感覚でのひと時。
香りはイルガチョフに比べると若干弱い感がありますがエチオピアらしさが出ております。味についてはやわらかな酸味と甘味を感じます。

全体的に大人しい感じですが美味しいモカですよ。

初めてのシダモ

エチオピア/シダモG-1ナチュラルグジを購入したので焙煎。

今回も水洗いをして臨みましたが、どうしてもチャフが残ってしまいます。やはり排気能力がないとだめですね。でも水洗いのせいなのか、太郎くん1号の保温力が向上したせいなのかわかりませんが、焙煎の進行具合がきちんとしております。

1ハゼもダラダラしないでほぼ一気に始まり、2ハゼも予定通りに来ております。すごく焙煎し易くなってきました。

シダモは初めてでしたので、イルガチョフとの違いがどうなのか楽しみです。

2013年2月14日 (木)

なんかいいぞ太郎くん1号2013

Photo

最近仕事が超ピークです。

疲れている時こそ焙煎して発散するに限るということで、太郎くん1号2013でパプアニューギニアAAキンデン・エステートを焙煎しました。生豆時は250gです。

リニューアルした太郎くん1号での初焙煎にプラスして、久しぶりに生豆を水洗いしてみました。
というのは、以前水洗いすることによって香味が損なわれるような気がするので、そのまま焙煎するということを書きました。でも排気機能がないので、チャフ焦げでスッキリしない感じがありました。

水洗いを1分30秒、水気を取って5分以内で焙煎にとりかかりました。

太郎くんの保温力向上もあると思いますが、焙煎過程での色の変化が白→薄い黄色→黄色というのが依然よりもはっきりとしていました。

仕上がりも写真では分かりずらいですが、しっかり膨らんでいます。焙煎時間も14分30秒なので、まずまずではないでしょうか。

あとは香味がどれだけ出せているかですね。

2013年2月11日 (月)

太郎くん1号の衣がえ

1_2

12013_2
堀口さんの珈琲をいただいているので、しばし焙煎はお休みしてます。

ということで、写真(上)のように太郎くん1号のフードが相当へたってますのでリニューアルしてみました。

材料は100均のレンジフード。税込210円です。

今回の改良点として前回は結構隙間だらけでしたので、出来る限り全体をスッポリ覆うことにしました。結構イケてると思います。

このままだと火加減が見えませんし、酸欠状態になりますので空気抗を開けて完成です。

今年は太郎くん1号2013で頑張ろう!・・・・本音はナナハン焙煎機欲しいです。

2013年2月 9日 (土)

堀口さんのケニア

朝食後、雪と格闘する前に堀口さんのケニア飲んでみました。

イルガチョフは好みの違いがありましたのでコメントはありませんが、ケニアのシティは正直言って流石です。

以前自分で焙煎したケニアと比べると、品種の違いはあるにせよ、雲泥の差を感じました。

物凄いバランスの良さとセンスを感じる焙煎です。

しかし、かみさんの感想は「いまいち」・・・

これは単に好みの違いかな?

2013年2月 6日 (水)

堀口さんの珈琲

Photo

最近ずーと忙しくてブログの更新ができませんでした。そんな折、お江戸に生息している妹から堀口さんの珈琲が届きました。

狛江店で購入したようです。自宅から自転車で5分くらいなので、いつでも購入できる環境は羨ましい限りですが、本人は珈琲に興味はないらしい。
たまたま近くを通り、ふと思いついたとのこと。んでもって、店員さんに薦められたのが、イルガチョフとケニアだったようです。

どちらもシティローストです。以前飲んだのが本当に思い出せないくらいご無沙汰です。
最近他人様の珈琲を飲んでいないので、ちょうどよいタイミングではないでしょうか。

早速明日の朝飲んでみよう。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »