フォト
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

バレンタインブレンド

先ほど(PM11:30)にようやくハンドピック終了。2時間を要しました。

最近はデパートなんぞとんと縁がなく、買い物はもっぱらスーパーストアやショッピングモールです。昨年末のクリスマスやお正月もそうでしたが、どのお店もバレンタイン色が濃厚です。
中年オヤジにとってバレンタインは関係ないことですが、なんとなく珈琲の視点から検索してみたところ、結構バレンタインブレンドを販売しているロースターさんが多いなと思いました。

クリスマスの時もそうでしたが、確かにクリスマスもバレンタインもスイーツが絡むイベントなので、珈琲屋さんとしては当然便乗して売り出す機会と言えますね。

各ロースターさんもいろいろ工夫しているようです。当然チョコレートの味を意識してブレンドしているようですが、私だったらどんな香味に仕上げるだろう?

手持ちの豆でバリエーションは色々できますが、やはり関係ないことなので考えないことにしましょう。

明日は日曜日ですので焙煎したいのですが、除雪作業が優先されますのでどうなるか。

2013年1月20日 (日)

津軽の除雪風景その2

Photo_3

我が津軽地方は昨日から若干ですが天候が回復しております。最高気温もずーとマイナスでしたが、やっとプラス表示なりました。

そうなると屋根の雪下ろしが始まります。

やはり前シーズンに比べると相当少ないのですが、それでも一昨日降った雪のおかげで膝ぐらいまで積もっております。今のうちに一回下しておかないと、あとで泣くことになりますので頑張ってます。

一回地面に落としてしまうと軽トラに積みなおす手間がありますので、ごらんのとおりママさんダンプで直接下の軽トラに積んでおります。趣味の野球はノーコンですが、この時ばかりは百発百中です。そして雪捨て場へ捨ててくるパターンです。
雪下ろしの際に気を付けなければならないことは、ごらんのように上部から下すこと。下から取ると、ほぼ確実に雪崩れてきます。そして少しだけ残すこと。綺麗に取ってしまうとツルツルしてとてもじゃないけど歩けません。
この2点に注意しないと怪我もしくは最悪のケースに遭います。

さて、お昼休みも終わりましたので午後からまた再開します。

エルサルバドル/ナチュラル・サンタリタ

Photo_2

久しぶりのエルサルバドルです。フルシティに仕上げました。

以前はブルボン・ナチュラルやシベリア・ブルボンを購入しておりましたが、その時の旨さは感動的でした。今回のサンタリタもブルボン100%ということですが、全体のバランスがとれていて、ストレートでもブレンドしているかのような印象を受けました。

非常に美味しい逸品だと思います。

2013年1月13日 (日)

津軽の除雪風景

Photo 津軽の除雪風景をちょっと紹介します。

前のシーズンと違い降雪量が少ないものの、やはり除雪作業はかかせません。我が家は比較的敷地面積が広く手作業では追いつかないので、ごらんのとおりトラクターを使用しております。だいぶ旧式のトラクターですが、まだまだ現役です。本当は前部に油圧のショベルを取り付けたいのですが、型が古過ぎて部品がありません。仕方がないので後部に排土板を取り付けております。

今日の雪は相当水分を含んでました。これを手作業で行うと体力が持ちません。トラクターでも、少しづつでないと押せないくらいの重さです。

我が家は津軽の中の更にド田舎ですので、比較的雪を寄せる場所を確保でき、機械で作業できる環境にあるので恵まれているのですが、都市部に行くと一般の家庭はほぼ手作業で作業することになるので大変です。特にお年寄りの家庭は死活問題なのです。

雪の降り方にもよりますが、朝4時に起きて出勤前に一回。帰宅して1回。休日は屋根の雪下ろしのパターンが残り1ヶ月半以上続きます。は~。

2013年1月12日 (土)

黄昏の焙煎

Dscf0330_3 ここ数年、老眼がキツクなってまいりまして、生豆のハンドピックや焙煎時の状態を確認する時、非常に見づらくなってきました。 これではいかんと思いホームセンターへ。

やはりありました。クリップ型の拡大鏡が!跳ね上げ式なので重宝しています。しかし・・・

こんなアイテムに頼らなくてはならなくなった自分の人生、黄昏てきたなー。

2013年1月 8日 (火)

なんとなくマンデリン

本日帰宅して、一杯呑りながら、ちょこっとだけ焙煎したくなり、ブルーバタック150gフレンチにしてみました。

これの伏線がありまして、今朝の珈琲をパプア8:コスタリカ2でブレンドしたところ、大変美味くできたのですが、もうちょい深みが欲しいなと思ってました。

手持ちの豆ではブルーバタックしか深みを出せる豆がありませんでしたので少量だけ焙煎とあいなった訳です。

明日の朝パプア8:コスタリカ1:ブルーバタック1で淹れてみたいと思います。

因みにブルーバタックの焙煎時間は18分30秒でした。

2013年1月 7日 (月)

カラスのかーすけ

ここ2,3日のこと。我が家にカラス居ついてしまいました。

よくよく見ると飛べないらしい。近づくとチョコチョコと逃げて行きます。以前から不特定多数のカラスが愛犬のドッグフード目当てに来てまして、憎たらしいと思ってましたが、今回はちょっと可哀想に思えて、そのままほったらかしにしております。

幸い我が家の愛犬(名前はクーです)もお婆ちゃん犬なので、目の前でカラスにエサを取られても知らんぷりしてます。犬がいるので近所の野良猫も近寄らないと思うので、取敢えずカラスにとっても安全地帯なのでしょうね。

雄か雌かわかりませんが、何となく名前を「かーすけ」にして、傷が癒えるまで見守っていきたいと思います。写真が撮れたらアップします。

2013年1月 6日 (日)

大間のマグロが・・・

今朝青森の地元紙「東奥日報」の一面にマグロの初セリの記事がドーンと載っておりました。

なんと大間マグロが1億5,540万円ですと!一気に過去の最高値を桁違いで更新してしまいました。

年末から品薄感があるというので、史上最高値が出るとは思っておりましたが、これほどとは予想しておりませんでした。今の世の中ここだけバブリーですね。

競り落としたお寿司屋さんで提供されるのでしょうが、一貫いくらになるのでしょう?

そしてアラの部分は関係者達だけでコソコソっと食べるのでしょうね。

津軽の旨いもん?

Dscf0327_3 さて、津軽の旨いもんの中でも、ある意味で究極に位置すると思われるのがコレ。「すかかす」もしくは「しかかし」と呼ばれるものです。

津軽は陸奥湾沿いの通称「上磯」地域に伝わるものなのですが、超発酵食品のため真冬の今しか作られません。一般的な具材は小鯵ですが、なんでも良いということです。お粥と米麹の中に魚を漬け込んだものですが、発酵が進むほど見た目が悪くなりますが、しょっぱさと酸っぱさが絶妙なバランスで風味が増してきます。

この食材、伝統的なものでありますが匂いが独特なものなので地元でも好き嫌いがはっきりと分かれております。嫌いな人は見るのもいやですが、好きな人にとってはこれだけで酒が進むといった具合です。もちろん私は後者の方です。

見た目ははっきり言って悪いのですが、「鮒ずし」や「くさや」もしくは「ブルーチーズ」が食べれる方は大丈夫だと思います。

漫画コミックス「美味しんぼ100巻」に取り上げられた時は正直言ってびっくりでした。と同時に捨てれていく田舎の食文化によくぞ光を当ててくれたの思いました。パチパチ!

2013年1月 4日 (金)

最後のラ・エスメラルダ・ゲイシャ

本日仕事始め。

最後にとって置いたラ・エスメラルダ・ゲイシャ12gを職場で頂きました。

やはりレモンティーのような香味でしたが、不思議と名残惜しくは感じません。やはり自分の好みではなかったのですね。

ラ・エスメラルダ・ゲイシャのファンの方には申し訳ないのですが、ある意味で勉強になりましたので、多分この先購入することはないと思います。

2013年1月 2日 (水)

箱根駅伝

毎年お正月の2日3日は「箱根駅伝」に夢中になります。

昨年までと違い、今年は「山の神」もいなくなり「戦国ムード」での開催でした。それでも盛り上がるのが箱根駅伝の良いところ。結果日体大の往路優勝とあいなりました。明日もドラマがあることを祈ってTV観戦します。

毎年思うのですが、一度でいいから大晦日から元旦を箱根の温泉でまったりとすごして、2日の沿道でちっちゃい旗を振りながら選手を応援してみたいもんです。

2013年1月 1日 (火)

元旦焙煎初め

2013年1/1、今年初の焙煎。

イルガチョフ、コスタリカそしてパプアニューギニアの3種を焙煎しました。昨年から豆に「10円ハゲ」ができるのが悩みの種でしたが、ワイルド珈琲さんの動画を何気に見ていたら、自分の焙煎よりも若干時間をかけているのに気づきまして、早速実行してみました。

案の定「10円ハゲ」は一個もなく、むしろ皺も伸びて今まで以上にふっくらと仕上がっております。

今年はこれを基本にして行きたいと思います。美味しくなっているといいな.。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »