フォト
無料ブログはココログ

« コーヒー関連の本について | トップページ | 焙煎後の二酸化炭素について(続き) »

2012年5月20日 (日)

焙煎後の二酸化炭素について

Dscf0187_2

今まで何度と無く焙煎してきました。いろんな珈琲関連の本やHPを参考にして、焙煎後の珈琲豆はガスを大量に放出するので、24時間程度はガス抜きすることを頑なに守ってきました。確かに焙煎直後に淹れた珈琲は泡の膨らみ方が凄かったです。

今回は焙煎直後のブラジル樹上完熟豆を240gを惜しげもなくジップロックに入れて、出来るだけ空気を抜いてみました。真空パックの機械があればもっと良い実験になるのでしょうが、取り合えず、どれくらいジップロックが膨らむのか注目したいと思います。

ジップロックの上に5個ぐらいへばりついている焙煎豆がどうなっているのか楽しみです。

« コーヒー関連の本について | トップページ | 焙煎後の二酸化炭素について(続き) »

珈琲のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焙煎後の二酸化炭素について:

« コーヒー関連の本について | トップページ | 焙煎後の二酸化炭素について(続き) »