フォト
無料ブログはココログ

« ブラジル・イエローブルボン・レクイエオは旨い | トップページ | 生豆注文しました »

2012年3月 3日 (土)

津軽の旨いもん3/3

我が津軽地方も3月に入ったとたんに春の気配が漂ってきました。それに合わせるかのように少し早いのですが食卓に「トゲクリガニ」が並んでいました。マニアックな食材を紹介するつもりでしたが、蟹(津軽では「ガニ」と言います。)を見た瞬間「ぜひ載せなければ!」と思い、紹介させていただきます。このガニは陸奥湾で捕れます。漁のピークは津軽の桜が満開になる4月下旬から5月の連休までです。写真上では手前がメス(津軽弁では「メガニ」)奥がオス(「オガニ」)です。オガニの方が比較的大きいのですが、キチンと見分ける方法としては下の写真で説明します。上のオガニ・下のメガニそれぞれに三角形の「フンドシ」みたいなところがありますが、幅が狭い方がオガニ。幅が広い方がメガニです。一目瞭然でしょう?蟹肉が旨いのはオガニですが、私的には内子(津軽では「コッコ」)が入るメガニの方が断然好きですね。他の人もメガニを好むようです。地方(この時は津軽が都会になります)からお越しの際はこの見分け方を憶えておきましょう。メガニだけだよと偽ってオガニを多く入れる業者もいるかもしれません。心優しい津軽人はいないと思いますが。

食べ方は、足をひたすら「ちゅーちゅー」します(笑)食べるというよりもしゃぶる感覚です。次に甲羅と本体を分けます。ちょっとだけ力が要りますが「パカっ」と取れます。私的には甲羅の内側から食べますが、まずメガニならばコッコと蟹ミソを先に食べます。非常に美味しいです。そして甲羅の内側に脂肪分がへばりついていますので、それも丁寧に指か箸で剥がします。これも旨いです。人によっては甲羅に日本酒を入れて呑みますが、あまりの旨さに悪酔いします(笑)気をつけましょう。

最後に本体に取り掛かりますが、ひたすら「ほじほじ」してしゃぶり尽くします。タラバガニやズワイガニと違って食べづらいとは思いますが、津軽のお花見時には欠かせない一品です。もし奇跡的にこのブログを観た津軽出身の呑兵衛さん!5月の連休、青森さ帰って来いへ!今年のガニも、のれめど!(大変美味しいよ)

最後にもう一うんちく。私は生のガニを買って家で茹でますが、漁師さんが茹でたものは一味も二味も違うそうです。何故なら!沖の海水で煮るからなんですね。風味が全然違うそうです。

Dscf0096_3

Dscf0097

« ブラジル・イエローブルボン・レクイエオは旨い | トップページ | 生豆注文しました »

津軽の旨いもん」カテゴリの記事

コメント

ガニ食べたいww帰りたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津軽の旨いもん3/3:

« ブラジル・イエローブルボン・レクイエオは旨い | トップページ | 生豆注文しました »