フォト
無料ブログはココログ

« モカについて | トップページ | 焙煎豆の味の変化 »

2012年3月31日 (土)

ブラジル・イエローブルボンを焙きました

職場で以前から試飲してもらっている方がいます。次の焙煎を依頼されたので、イエローブルボンを焙煎しました。初めて焙煎する豆ですが、ワイルド珈琲さんの焙煎豆をサンプルしていましたので、同じシティで焙きあげました。
生豆についてはパルプド・ナチュラルということで、ウォッシュとナチュラルの中間というところです。欠点豆が非常に少なくてハンドピックが楽でした。

やはりブラジル豆の焙煎は分かり易いですね。爆ぜるタイミングが予想どおりです。粒も揃っているので、初心者の手網焙煎にはちょうど良い豆なのではないでしょうか。
明日カッピングして、状態が良かったらパックしたいと思います。

焙煎は太郎くん1号をガス台に載せて行っていますが、温度計は無理としても、ガス圧計がなんとかならないものかといつも考えています。普段は炎の大きさで判断していますが、非常にアバウトなのです。やはりきちんと数値に表れる装置がないと再現性が難しいですね。

« モカについて | トップページ | 焙煎豆の味の変化 »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル・イエローブルボンを焙きました:

« モカについて | トップページ | 焙煎豆の味の変化 »