フォト
無料ブログはココログ

« エルサルバドルの香り | トップページ | ブラジルハニーショコラ焙きました »

2012年1月19日 (木)

焙煎時におけるチャフ

エルサルバドル淹れてみました。いい感じですよー!豆を挽いたときの甘い香り。そして、すっきりした酸味。まだ1日目なのでコクは今一ですが、ストライクです!私的にはエルサルバドル・ブルボン・ナチュラルはシティローストで決まりです。

しかし、ナチュラルのチャフがすんごいですね。ワイルド珈琲の先生に習って生豆を洗おうかと毎度思うのですが、水分が過多になるような気がするし、旨みが逃げそうな感じがするのでハンドピックしたらすぐに焙いています。なので本当にチャフが凄いです。手網焙煎の時はガスの炎で焼けてしまってたのですが、手回し焙煎機だと投入口から炎の勢いでどんどん排出されます。それでも排出し切れず煎り止めの後ザルに移してドライヤーで冷却する時にはチャフが舞うという状況です。排気ダンパーが欲しいです。というか、ちゃんとした焙煎機が欲しいと思うこの頃です。誰か安く譲ってください(笑)

« エルサルバドルの香り | トップページ | ブラジルハニーショコラ焙きました »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焙煎時におけるチャフ:

« エルサルバドルの香り | トップページ | ブラジルハニーショコラ焙きました »