フォト
無料ブログはココログ

« 焙煎時におけるチャフ | トップページ | ブラジルハニーショコラのお味 »

2012年1月21日 (土)

ブラジルハニーショコラ焙きました

本当に久し振りにブラジル豆を焙煎しました。ハニーショコラです。ネーミングからして甘い香味がただよってきそうですね。ワイルド珈琲さんのHPではミディアム~フレンチまでとあり、範囲が広く楽しめる豆だということが推測されます。まずは、最近の基本方針としてシティーから攻めてみました。太郎くん1号を予熱しないで焙煎しました。3分間温度を控えめに入り6分30秒で豆が白くなりましたので、若干火を強くして1ハゼを待っていましたが、遅くても10分ぐらいで来ると思っていたのですが、やっと13分に1ハゼの入りです。何ちゃってダンパーを開放し、火を弱めにして2ハゼの入りを待っていましたが、これまた遅く、18分15秒でやっと来たしだいです。やはり予熱しなかったせいなのかな。でも焙きあがりの状態は膨らみも上々で、カリッとした食感なので悪くなさそうです。朝さっそくテイストしてみたいと思います。

感想は後ほど。

« 焙煎時におけるチャフ | トップページ | ブラジルハニーショコラのお味 »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

我が焙煎機のレストアはまだ続いております。
ほとんどは洗浄作業なのですが・・・。
ちなみに僕は焙煎前に水洗します。
手が千切れるくらい冷たいです。
薄皮はあまり取れません・・・。

ブラジルハニーショコラ。
今回、僕も発注いたしました。
残念なことにコーヒーの好みが偏っているだけに
スタンダードの理解に乏しいのですよね。
太郎くん1号は余熱ができるので良いですね。
いろいろ考えると、200~300g程度のサンプルロースターって本当に必要ですよね。

さて週末。
ロースターウィークエンドです。
先週はエチオピアイルガチョフG-2有機を焙煎しましたが、
イルガチョフは好み的にストライクです。
焙煎のブレはありますがシティよりもフルシティの方が好みです。
小粒なのでカロリーの充て方が難しい。

ああコーヒーの表現って難しいですね。
勉強しなきゃ。
今回はブラジルハニーショコラとウルトラマンデリンを焼きます。
ハニーショコラの1ハゼに注目します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルハニーショコラ焙きました:

« 焙煎時におけるチャフ | トップページ | ブラジルハニーショコラのお味 »