フォト
無料ブログはココログ

« 珈琲の水3 | トップページ | ガテマラ焙き上がりました »

2011年12月14日 (水)

ワイルド珈琲さんへ注文しました

そろそろ、生豆の在庫が切れてきましたので、新たにワイルド珈琲さんに注文した。

○コロンビアミルキーセレクト2011ニュークロップ

○タンザニアンゴロゴロニュークロップ

○エルサルバドル ブルボンナチュラル

○ルワンダブルボンガサングニュークロップ

以上。前回注文したガテマラSHBアンティグアカブレホでニュークロップ初体験したが、思いのほか上手く焙煎できたので、今回もニュークロップ主体でいきたいと思う。これで年末から年始にかけて在庫は大丈夫になるはずだ。特に最近売り出し中のエルサルバドルやルワンダは殊の外楽しみである。コロンビアについては、焙煎の基本はコロンビアに始まり終わるというぐらいなので注文した次第である。

あと、12/23にはワイルド珈琲さん主催の焙煎セミナーに行った際にも購入する予定なので、いろんな香味が楽しめると思う。

セミナーの後、上京している娘たちに会うのが一番の楽しみであるが、この際銀座の関口じいちゃんが健在のうちに「カフェドランブル」青山「大坊珈琲店」など、骨太のお店を訪ねてみるつもりだ。混んでいないといいな~。ついでにといっちゃなんだが、次女が狛江市に住んでいるので堀口さんの狛江店にも行ってみるつもりである。(徒歩数分!)青森市でもLCFの珈琲は購入できるのだが、本家の雰囲気も勉強がてらに行きたいと思っている。田口氏のバッハ珈琲さんは個人的に好みではないので、今回ははずすことにした。なぜかというと青森市にもバッハ珈琲さんで修行されて開業しているお店があるが、なぜか生理的に受け付けないでいる。確かにしっかりした仕事をしているのだが、修行してきたことを臆面無く前面に押し出す営業方法が気に入らないでいる。自分の焙煎に自信があるのかないのか理解不能である。でもその店の珈琲は美味しいと思う。でも気に食わない。要は嫉妬以外のなにものでもないのだ。自分が今出来ないことに苛立っているだけのこと。そんな思いに整理を付ける意味でも、堀口さん、田口さんの路線から離れて、ワイルド珈琲さんの門戸を叩くことにした。今回の記事は支離滅裂的であるが、自分の気持ちを確かめる意味で12/23上京する。

« 珈琲の水3 | トップページ | ガテマラ焙き上がりました »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイルド珈琲さんへ注文しました:

« 珈琲の水3 | トップページ | ガテマラ焙き上がりました »