フォト
無料ブログはココログ

« エルサルバドルの焙煎 | トップページ | コロンビアミルキーセレクト2011焙いた »

2011年12月19日 (月)

ルワンダブルボン

ルワンダブルボンガサングニュークロップ100g焙いた。やはりニュークロップということで、蒸らしを重視してジンワリ焙いてみた。やはり水分量が多いせいか1ハゼが10分30秒で若干遅いと思ったが、2ハゼを程なく迎え、ほぼ2ハゼの入りで消化。予熱で30秒回して(ちょっと時間かけ過ぎ?)と思ったが総時間14分20秒で煎り止めとなった。香りについては、上手く表現できないが、里山で嗅ぐ香ばしさというところか(意味不明)とにかく先日のエルサルバドルはミルクっぽい香りがあり、初めて体験する香りばかりなので、少々戸惑っているが、反面わくわくしている。恐るべしワイルド珈琲さんの生豆である。

ここで先日のエルサルバドルブルボンの香味であるが、正直いって「旨い」の一言である。若干浅めに仕上げたので酸味が少し強かったが、全然嫌味ではなくさっぱりした酸味である。かみさんと一緒にケーキを食べながら飲んだが、相性ばっちり。もう一杯のリクエストは正直うれしかった。次はもう少しだけ深く焙いてみようと思う。

« エルサルバドルの焙煎 | トップページ | コロンビアミルキーセレクト2011焙いた »

焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルワンダブルボン:

« エルサルバドルの焙煎 | トップページ | コロンビアミルキーセレクト2011焙いた »