フォト
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

東京旅(大坊珈琲店)

初日に泣く泣く銀座をあとにした訳ですが、気を取り直して2日目はいよいよ「大坊珈琲店」を目指しました。本当は2泊の予定でありましたが、我が家がある青森県地方に大雪強風波浪警報が発令され、「これはマズイ!」と思い午後の新幹線で帰ることに変更しました。しかし、時間にはだいぶ余裕をもっていましたので、少々迷っても大丈夫。でも慣れない千代田線に乗って、表参道駅から地上に出た瞬間「ここ何処?」てな感じ。結局出口のすぐそばに「大坊珈琲店」はあったのですが、いつもの通りあっちこっちをうろうろしてしまいました。

お店の前に着いた時は「オォー」という感じで、緊張しながら階段を昇りドアを開けると、ちょうど入り口のすぐそばのカウンターが一席だけ空いていました。憧れのマスターの姿がなく、イケメン兄ちゃん2人と奥さんと思しきマダムが忙しくしておりました。事前にメニューのことは知っていましたが、50ccか100ccのものしかありません。そこで田舎もんの怖さで「200ccで」と頼むと、マダムが「ハー?」って感じにになりましたので、メニューどおりにブレンドをオーダーしました(アー怖かった!)

お店は想像どおり年月を感じさせ、落ち着いた雰囲気。イケメン兄ちゃんがネルで丁寧に淹れる姿を他のカウンター客がじっと見ている。ジャズが静かに流れ厳粛な空気が漂っているように感じました。珈琲を待っている間、何人かのお客さんが帰って行きましたが、必ず「ごちそうさまでした」と言いいます。お店が良いから客層が良いのか、南青山だからなのかわかりませんが、ちょっと驚きでした。

そうこうしていると奥からマスターが現れました。きっと休憩中だったのでしょう。「うあー、写真と同じ人だ」当たり前ですが感動です。そして肝心の珈琲のお味ですが、味覚が狂っているにもかかわらず、一口目、パンチの効いた苦味がきました。でも全然不快ではなく、むしろ心地良い苦味。その後に今まで経験したことのない酸味。これを切れが良いというのかという不思議な酸味でした。甘さもあると思うのですが、鼻と舌が馬鹿になっていますので感じ取ることが出来ません。悔しいな!そんな状態でも美味しい珈琲だとわかるだけでも良かったと思います。

適温(低温)抽出ですので、すぐ飲み干してしまいました。もう一杯といきたいところですが新幹線の時間が迫っていましたのでお勘定をお願いすると、なんとマスターが応対してくれるじゃありませんか!レジの前に名刺が置かれてあったので「記念に頂いていいですか?」と聞くと「記念とはどうして?」と聞かれ、青森から勉強しに来たことを伝えると、にっこり笑顔で「ありがとうございました」のお言葉を頂きました。思いもよらず会話することができ、ルンルン気分で東京をあとにした今回の東京旅。最高の思い出となりました。

今年は震災に始まり、我が東北地方は多難な年でありました。そんな中でも珈琲を頂ける幸せに感謝し、来年も珈琲が一番身近にいるように頑張ろう。そしていつか、被災地に珈琲を通して安らぎを届けることができるようにしたいなと考えます。

2011年12月30日 (金)

東京旅(カフェ・ド・ランブル)

東京駅を後にして、長女を伴ってい「いざ!ザギンのカフェ・ド・ランブル」を目指しました。サラリーマンの聖地である新橋で下車。しか-し、私はザギンに足を踏み入れた経験がない!長女にしてもザギンデビュ-ときたもんだ(逆に詳しかったら恐ろしい(笑い)) という訳で、あっちこっちをウロウロしてたら、どうにか近くまで辿り着けました。 だが!まだ開店前にてシャッターが閉まっておりまして、長女が携帯で検索したところ「お昼の12時開店」とあるじゃないですか。開店まで2時間!セミナーのことを考えるとどうしても無理だと判断し、泣く泣くランブルを後にしました。表看板だけは写真に撮ってきましたが、本当に残念でした。次に来る時は、関口の御大生きているのかなー? 御大のオールドクロップ珈琲を飲みたかったな-。後ろ髪を引かれる思いでザギンを後にしました。 次回は「大坊珈琲店」のお話です。私的には感動もんでした。では次回まで!

2011年12月27日 (火)

東京旅(ドリップマニア)

前夜の忘年会を早々と切り上げたが睡眠時間5時間弱で乗り込んだ始発の新幹線(ハヤブサデビュー!)

東京駅には長女が出迎えてくれていました(ありがたや!)でもって、午後のセミナーまでは大分時間がありますので、東京駅といえば「ドリップマニア」と決めておりましたので、そそくさと地下街に移動となりました。天然の方向音痴である私でも、ドリップマニアの位置がすぐにわかるぐらい、既に長蛇の列のブースを発見!すぐに「ドリップマニア」だとわかりました。早速列に加わり、繁々とお店をみていると、かわいいお姉ちゃん3人とイケメン兄ちゃん1人が手際よく接客とドリップをしていました。きちんと注文を受けた後に一杯づつドリップしているようですが、よくこなせるなーというのが第1印象です。

さて私の注文は特に好みは無かったので、「ピンクブルボン」のMを注文。程なく手渡せれて飲んでみました。しかーし!風邪の後遺症でまだ鼻が麻痺状態・・・味は、珈琲だと分かる程度。それでもせっかくなので集中して味わってみたところ、上品と思える酸味はかんじられました。本当に悔しい!正常な状態ならばきっと美味しい珈琲なのでしょう。今度訪れる時は万全な状態で望みます。(いつになるのかなー?)

さて、次回はザギンの「カフェ・ド・ランブル」、そして青山は「大坊珈琲店」の報告となります。では!

2011年12月25日 (日)

東京に行ってきました

ワイルド珈琲さんのセミナーに行ってきました。本当に行って良かったとしみじみ思います。受講生は自分を含め7人でしたが、年齢層もまちまちで、皆さんが将来開業希望ということで先生も「今日はプロ使用の内容にします」との言葉に「パチパチ」ものでした。自分のレベルが高いとは決して思ってはいないのですが、正直初心者レベルだったら辛いなーと思っていたので、最初からテンションが上がってしまいました。しかし、皆さん良くお勉強していらっしゃる方々ばかりで、メーカーさんのセミナーにも行っている方もいらしてました。たぶん都内近郊の方ばかりだと思うのですが、東京の人は本当に羨ましい限りです。

セミナーのほうといえば、午後1時30分から5時30分までほぼノンストップで行われ、トイレ休憩もとらない。正直内容が凄く濃いセミナーでしたので、おしっこするのも忘れるほどでした。実際に焙煎機を使用してデータをとる作業は、市販の本で読むのと違い感動ものでした。頑張って貯金してディスカバリーを購入しよう!それまでは太郎くん1号にお世話になります。

今回の旅の目的はセミナーのほかに、名店巡りでした。最低3店舗を制覇する目的でしたが、今週はじめにひいた風邪の後遺症で、鼻も舌呆けていたので少々悩んだのですが、思い切って行きました。南青山「大坊珈琲店」、田口氏の「バッハ珈琲」、川島氏の「ドリップマスター」そしてザギンは関口御大の「カフェ・ド・ランブル」

次回に感想をアップしたいと思います。私の旅はいつも珍道中になるので、乞うご期待!

※写真はアルバムに貼ってありますよ。

2011年12月20日 (火)

コロンビアミルキーセレクト2011焙いた

引き続きワイルド珈琲さんから購入のコロンビアミルキーセレクト2011焙いた。

2ハゼのピークと思われる(少しおとなしい感じ)で火止して、30秒間予熱で焙いた結果フレンチに仕上がりました。一応フレンチが目標だったので、どうにかこうにか。というのは、ここに来て、風邪をひいたらしく、ほとんど香りがわからない状態だ。そんな中で微かな香りで焙煎仕上げたのは、われながら立派。(しかし、プロならばありえないのだろうな・・・)

とにかく、花の東京に行くまでに治さねば!せっかくの初セミナーが台無しにになってしまう。

ということで今晩は早めの就寝とする。(・・・あー明日の朝の雪が怖い!積もってないといいな!)

2011年12月19日 (月)

ルワンダブルボン

ルワンダブルボンガサングニュークロップ100g焙いた。やはりニュークロップということで、蒸らしを重視してジンワリ焙いてみた。やはり水分量が多いせいか1ハゼが10分30秒で若干遅いと思ったが、2ハゼを程なく迎え、ほぼ2ハゼの入りで消化。予熱で30秒回して(ちょっと時間かけ過ぎ?)と思ったが総時間14分20秒で煎り止めとなった。香りについては、上手く表現できないが、里山で嗅ぐ香ばしさというところか(意味不明)とにかく先日のエルサルバドルはミルクっぽい香りがあり、初めて体験する香りばかりなので、少々戸惑っているが、反面わくわくしている。恐るべしワイルド珈琲さんの生豆である。

ここで先日のエルサルバドルブルボンの香味であるが、正直いって「旨い」の一言である。若干浅めに仕上げたので酸味が少し強かったが、全然嫌味ではなくさっぱりした酸味である。かみさんと一緒にケーキを食べながら飲んだが、相性ばっちり。もう一杯のリクエストは正直うれしかった。次はもう少しだけ深く焙いてみようと思う。

2011年12月17日 (土)

エルサルバドルの焙煎

先日ワイルド珈琲さんから届いた生豆から、まずはエルサルバドルブルボンのナチュラルを焙煎した。生豆についてはナチュラルらしくチャフで覆われているものが多い。欠点豆については、以前地元の豆屋さんから購入したイエメンのナチュラルに比べると断然歩留まりが良い。取り敢えず蒸らしを重点に置き12分台を目標に火力調節した。最初なのでシティーからフルシティー辺りを目指し、2ハゼの手前で煎り止めした。12分43秒で仕上げた。もしも綺麗な酸と甘みが出ていたら、次はフレンチまで引っ張りたいと思う。

それと、この前のガテマラなのだが、やはり上手く香味が出せたようである。我が相棒の太郎くん1号は100gの焙煎がベストウェイトのようである。

2011年12月14日 (水)

ガテマラ焙き上がりました

先ほど100g残っていたガテマラが焙きあがりました。

所要時間12分30秒。2ハゼのピークを予熱で仕上げてみたので、結構楽しみな感じです。

長女からのメールで、今夜はふたご座流星群が見れるという情報が入ったので、早速寝ようと思います。気が付いたら朝かも・・・・

ワイルド珈琲さんへ注文しました

そろそろ、生豆の在庫が切れてきましたので、新たにワイルド珈琲さんに注文した。

○コロンビアミルキーセレクト2011ニュークロップ

○タンザニアンゴロゴロニュークロップ

○エルサルバドル ブルボンナチュラル

○ルワンダブルボンガサングニュークロップ

以上。前回注文したガテマラSHBアンティグアカブレホでニュークロップ初体験したが、思いのほか上手く焙煎できたので、今回もニュークロップ主体でいきたいと思う。これで年末から年始にかけて在庫は大丈夫になるはずだ。特に最近売り出し中のエルサルバドルやルワンダは殊の外楽しみである。コロンビアについては、焙煎の基本はコロンビアに始まり終わるというぐらいなので注文した次第である。

あと、12/23にはワイルド珈琲さん主催の焙煎セミナーに行った際にも購入する予定なので、いろんな香味が楽しめると思う。

セミナーの後、上京している娘たちに会うのが一番の楽しみであるが、この際銀座の関口じいちゃんが健在のうちに「カフェドランブル」青山「大坊珈琲店」など、骨太のお店を訪ねてみるつもりだ。混んでいないといいな~。ついでにといっちゃなんだが、次女が狛江市に住んでいるので堀口さんの狛江店にも行ってみるつもりである。(徒歩数分!)青森市でもLCFの珈琲は購入できるのだが、本家の雰囲気も勉強がてらに行きたいと思っている。田口氏のバッハ珈琲さんは個人的に好みではないので、今回ははずすことにした。なぜかというと青森市にもバッハ珈琲さんで修行されて開業しているお店があるが、なぜか生理的に受け付けないでいる。確かにしっかりした仕事をしているのだが、修行してきたことを臆面無く前面に押し出す営業方法が気に入らないでいる。自分の焙煎に自信があるのかないのか理解不能である。でもその店の珈琲は美味しいと思う。でも気に食わない。要は嫉妬以外のなにものでもないのだ。自分が今出来ないことに苛立っているだけのこと。そんな思いに整理を付ける意味でも、堀口さん、田口さんの路線から離れて、ワイルド珈琲さんの門戸を叩くことにした。今回の記事は支離滅裂的であるが、自分の気持ちを確かめる意味で12/23上京する。

2011年12月10日 (土)

珈琲の水3

さて、「十和田霊泉」を目指し、一路青森市浪岡に向かうことにした。どんな場所かどんな水かもわからないので、取り敢えずアウトドア風にと、カセットコンロにいつも使っているドリッパーとポット、豆は予め挽いておいたものを用意した。浪岡に入ると程なく「十和田霊泉」の看板が目に入り、「なーんだ。すぐそこなんだ」と思いきや、リンゴ畑の中を走っても、ただひたすらリンゴ畑しかない!「あれ?」と思って来た道を引き返したが、元の入り口に戻るだけ。

場所を聞こうにも、誰もいないときたもんだ。さて困った。あっちをうろうろしていたら、やっと第1町人の農家のお姉さん?を発見!道を聞いたところ、さほど難しい場所ではないことが判明した。ただ、農道の交差点に全然看板がないので、辿りつけなかったのである。

やっとの思いで十和田霊泉に辿りついた。先ほどまでの爽やかなリンゴ畑とはうって変わり、鬱蒼とした森の中に神社がある。その一角にお目当ての水がこんこんと湧いている。流石に人気があるらしく、ペットボトルを何十本と持ち込んで汲んでいる人や、でかいタンク調の容器にせっせと汲んでいるひとが多数押しかけていた。今回は味見ということで500ccのペットボトル1本で望んだが、先客たちがなかなか終わらないのである。まじめにひたすら待っていると、「こっちはまだ時間がかかるから、お先にどうぞ」と声がかかり、では遠慮なくということで汲ませてもらった。

すぐ様駐車場に行き、コンロで沸かして珈琲を淹れたところ、水の旨さと森のマイナスイオン効果で殊の外美味しかった。一発でファンになり暫くの間通うことになった。ホームセンターから大容量のタンクを買って経済性と効率性を考え通ったものだ。不思議な水で、割と長期間置いても腐ることがないようだ。(津軽弁ではアメルという)後で同僚の地元民に聞いたところ、やはり不思議とアメルことがないようである。

そのうち、冬場は除雪が入らず閉ざされてしまうのと、ガソリンが高騰したもんで足が遠のいてしまったが、いつかまた機会があったら寄ってみたいと思う。(つづく)

2011年12月 8日 (木)

珈琲の水2

さて、コントレックスの洗礼を受けたあとは、当然に軟水に向かうことになりました。まず、コンビニで買える市販のミネラルウォーターはほとんどといっていいくらい試しました。その度にラベルに記載してある硬度を記録し、香味を引き出せているかなどを記録していきました。でもなかなか「これだ!」という水に巡り会えずにいたところ、職場の女の子が「うちの井戸水は結構評判いいよ。日本茶も一味違う感じになるよ」というので、少しだけ分けてもらい珈琲を淹れたところ、とんでもない旨さにびっくりしてしまいました。まろやかというか、珈琲の甘さが引き立つような水でした。今まで飲んだ水で一番美味しかったですね。しかし、個人の家庭用なのでいつもいつも分けてもらえません。そこで思い立ったの「よし!青森は水の宝庫なので湧き水を探そう!」と決意しました。幸いにも我が県には名水百選なるものの本が出版されており、探す手間には困りません。ただ、いくら美味しい水でも片道何十キロもある場所なんて無理です。ぎりぎり通える範囲を探したところ、ありました。!青森市浪岡にある「十和田霊泉」というところです。浪岡なのになぜ十和田?と思ったのですが、別に気にせず目的地を目指し出発!・・・・しかし   (つづく)

2011年12月 7日 (水)

珈琲の水1

さて、美味しい珈琲にとって「水」の存在が不可欠だと気付いたことから、水探しの旅が始まりました。水には「軟水」「硬水」の区分があることは知っていました。珈琲には軟水が相性が良いと何かの本で読んだことがありましたが、「本当に?」という疑問が湧いてきてきました。だってヨーロッパでは硬水が主流なのに普通に珈琲が文化として存在しています。ということは硬水もありだと思い、市販で手に入る中で出来るだけ硬度の高いもので試そうと買出しに出かけました。当時はあまり輸入物を扱うお店が無かった中で、1件だけ輸入食品を扱っているお店を発見!中でも「コントレックス?」だったかな。硬度が1,500ぐらいだったと思うけど、どうせならということで買ってみました。買うときに商品のキャッチコピーが「ダイエットに最適」やら「痩せる水」みたいなことが書いてあり、少々気にはなりましたが珈琲を淹れてみました。感想としては飲めないことはないのですが「キツイ」の一言でしたね。アタリがきついというか苦味が前面に出るというか、とにかく日本人の舌には合わないということが分りました。やはり日本人は軟水が一番です。後日談になりますが、先ほどのキャッチコピーの意味が飲んだ数時間後に理解できました。お腹が緩くなり、トイレとお友達になってしまいました。「なるほど!これは痩せるわ」硬水の洗礼を受けた一日でした。  (続く)

2011年12月 6日 (火)

わたくしの相棒です!

1 先ほど仕事が終わり晩酌を一杯呑ったあとに、明後日飲む豆を焙煎しました。これがわたくしの相棒である「太郎くん1号」です。

手網焙煎のときは比較的上手く焙煎できていましたが、量が増えると手が疲れましたので太郎くん1号を購入しました。楽になったのは良いのですが、なかなか加減が掴めなくて苦労しましたが、100均でレンジガードを購入して囲ってみたところ、わりと安定して焙煎できるようになりました。

太郎くん1号。これからもよろしくお願いいたします!

で、本日はワイルド珈琲さんから購入したイルガチェフェの2回目と、初めてのニュークロップとなりますガテマラを焙煎しました。前回のイルガチェフェは慎重に焙煎しすぎて時間を大幅に過ぎてしまい、香りが出せませんでしたが、今回は大胆に焙煎しながらも1ハゼ後の火加減に注意したところ、チョコレートのような香りを出すことに成功しました。所要時間14分程度。(本音はもう少し短縮したかったです)

ガテマラについては、ニュークロップということなので火加減を控えめに入り、蒸らしに重点を置いたところ、これもまたチョコレートライクな香りを出すことができました。所要時間12分30秒。

一日程度ガス抜きして飲みます。今回は楽しみだ!

2011年12月 5日 (月)

珈琲のこと3

珈琲の豆が違う?そう思った瞬間から迷宮の旅の始まりです。まず思い当たったのが、青森市内では有名な喫茶店です。(とうとう地元の名前名を出してしまった!)

当時は自家焙煎が良いとかの感覚は無くて、焙煎豆を売っていて且つその豆を飲めるところを探したものです。田舎なもので、あまりお店自体は無かったのですが、あちこち探してやっと自分の好みに合うお店が見つかりました。そこは自家焙煎店では無かったのですが、全てサイフォン仕立ての珈琲を提供するお店です。市内では老舗の部類になりますが、仕入れた焙煎豆も積極的に売るお店です。内装や接客もしっかりしていましたので、当時の私的には「ここだ!」という直感が働きました。それからというもの、かみさんを連れ出して週末はお店に通う日々が続いたものです。ストップウォッチ付きの腕時計を買って、こっそりサイフォンの抽出時間を計ったり、ずいぶん勉強になりました。(きっと怪しい客だったと思います)そのうち当時小さかった二人の娘も連れていったりしたところ、特に上の娘なんかは妙に喫茶店慣れしたらしく、高校生になった頃は一丁前に休日に一人でお店にご飯を食べに行くなんてことにもなっていました。二昔なら完璧に不良娘というレッテルを貼られていたと思います(笑)

そこのお店でいろんな豆を試したのですが、結局お店のオリジナルブレンドが飽きがこないということで暫く購入し、我が家の定番になりました。しかーし!お店で飲むブレンドと私が淹れるブレンドが全然違うのです。淹れ方を盗み同じ豆使っているのに、なぜか違うのです。暫くの間悩みました。普段使っているサイフォンを、お店と同じサイフォンを買って淹れてみても全然違うのです。ある日のこと、ボーっと厨房を眺めていると、ふと浄水器に目が留まりました。「もしかして水?水が違うのか?」

さー始まりました。今度は美味しい水、珈琲に合う水を探す旅の始まりです!   (続く)

2011年12月 3日 (土)

珈琲のこと2

それでも、どうにか珈琲粉の分量や水の量を突き詰めて、暫く仕事の合間に飲んでいましたが、どうにも納得がいかない味なので、日々悶々としていた時、たまたま友人の結婚式の引出物としてカタログギフトをいただきました。何気に捲っていくと、ハリオのサイフォンセットがあるじゃありませんか。「これだ!」と直感し、かみさんにお願いしたところ、快諾を得たのですぐに注文しました。手元に届いたときはドキドキものだったのを記憶しています。

さて、そのサイフォンですが布式のフィルターではなく、ペーパー式だったのです。衛生面と手間を考えた結果の商品だったのですね。早速説明書を読みながら淹れたわけですが、理科の実験をしている感覚がまた楽しく、そこそこ美味しく?出来あったように思えました。プロのサイフォニストには失礼な話ですが、素人でもそこそこ美味しくできてしまう器具なのかなと今思います。

取り敢えずサイフォンの使い方が分かったのですが、味がイマイチだったので、「これはきっと豆が違うのか?」と思ってしまったので、さー大変!それから約2年を費やして美味しい珈琲への旅が始まりました。馬鹿ですね!     (続く)

2011年12月 1日 (木)

珈琲のこと1

小さいときから、緑茶よりほうじ茶や番茶などの渋い系が好きだった。しかし、大人になって珈琲がすぐに好きになったわけではない。むしろ嫌いな飲み物の部類に自分の中では位置付けてました。何故か?周りにあるのがインスタントだけだったから。飲んだ後は必ず気持ち悪い思い出しかなかったからです。特に営業先でいただく珈琲は100%インスタントでしたので、一日に何杯も飲まなければいけない日々は本当に苦痛でした。缶コーヒーの方がよっぽど旨く感じたものです。今から20年前はそんな感じでした。日本で珈琲の位置づけは今と比べて相当低いところにあったと思います。

縁があって、現在の職場に就き、事務系の部署に配属になった時に、残業つづきの毎日の中で、突然「旨い珈琲が飲みたい!」そんな衝動にかられたのを覚えています。今から10年前です。考えたのは、取り敢えず家に何故かあった使われていないコーヒーメーカーを職場に持ち込み、店から安易に買ってきた、何処の何かもわからないようなブレンドされた珈琲粉を淹れて飲みましたが、粉の分量も適当で、超薄っい珈琲が自分で淹れた最初の珈琲でした。そこで普通は珈琲をあきらめるところですが、何故かすごく悔しい気持ちになり、現在の珈琲魂に火が付いた記念すべき?日でした。                     ( 続 く )

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »