フォト
無料ブログはココログ

2019年2月16日 (土)

テスト焙煎

さっそく、1ポンド焙煎機テストしてみました。

予定通り欠点豆を使って予熱&調子を確認です。

特別問題がありませんでしたので、ハニーショコラを

焙煎しました。

Photo_2

やはり、使い慣れた焙煎機は良いですね。

野球で例えるならば、故障で離脱していたエースピッチャー

が復帰したような感じです。

2番手ピッチャーの手網焙煎器も頑張ってくれましたが

どうしても好不調の波があり、安定感に欠けてしまいます。

やはりエースは安定感抜群で信頼できるというところでしょうか。

明日は溜まった注文を一気に焙煎します。

2019年2月15日 (金)

1ポンド焙煎機退院しました

ようやく相棒が帰ってきました。

Photo

物々しく梱包されてます。

2

さらに内側もこのとおりです。

4

久しぶりに見る相棒です。

ずいぶんキレイになった感じがします。

さて、動きはというと、思った以上に静かになってます。

明日、欠点豆で試運転してから、本焙煎します。

2019年2月11日 (月)

夢の追想ブレンド

長女が「東京コーヒーサミット2019」に行って来たと

ラインにありました。

キャピタルコーヒーさんの「夢の追想」ブレンドを飲んだという

ことでした。

そう言えば以前リスペクトしてブレンドを作ってみたものの

1度も飲んだことがないということに気づきました。

というわけで焙煎機も入院中だし、勉強を兼ねて買ってきました。

Photo

想像していたよりローストは浅いのですが、やはりバランスは

良いですね。

個人的にはもう少し深いローストが好みです。

ひとつ勉強になったのは、普通パッケージは

せいぜい熱圧着で封をするのですが、キャピタルコーヒーさんは

真空パックにしてくれました。

少しでも酸化しないように配慮することには感動ものです。

コスパ抜きで今後は見習うことにします。

2019年2月 3日 (日)

スペース・ロースト計画

世の中にはやはり凄いこと考える人が

いるものです。

ニュースで見たのですが宇宙でコーヒーを

焙煎するという計画があるとか。

Photo

コーヒー生豆を積んだロケットを打ち上げて

宇宙空間で切り離し、大気圏の熱を使って

無重力状態で焙煎する計画だそうです(笑)

何でも、無重力なので接触熱が無く豆が均等に

焙煎されるということです。

んでもって、1杯あたりのお値段ですが、何だかんだ

で1杯55,000円くらいの試算してました。

値段だけならブルボン・ポワントウやコピ・ルアックもぶっ飛び

ですね(笑)

冷静に考えれば地上に無重力空間を作った方がコスパ的に

良いとは思いますが、このような壮大なロマン?は大好物です(笑)

2019年2月 2日 (土)

1ポンド焙煎機入院のため手網焙煎

相棒の1ポンド焙煎機が入院中のため

基本に立ち返って手網焙煎してます。

20190202111136

本当は手回し焙煎機の方が疲れなくて良いのですが

やはり手網の方がダイレクトに感触が伝わるので

微妙なタイミングがつかみやすいですね。

ハニーショコラを焙きましたが、結構上手く仕上がった

と思います。

焙煎初心者の時と比べると、温度計もないのですが

時間と香り、色合いでどの位の豆温度なのか予想できる

ようになったようです。

相棒が帰って来るまで、感覚を研ぎ澄ますトレーニングに

なりそうです。

2019年1月29日 (火)

焙煎機の修理

故障してから少し悪あがきしましたが

やはり修理に出すことになりました。

Photo

昨年は私が入院しましたが、今年は相棒が入院。

埼玉県へ旅立ちました。

無事に帰って来ることを祈るだけです。

2019年1月27日 (日)

1ポンド焙煎機が故障しました

Photo

1ポンド焙煎機が動かなくなってしまいました。

幸い焙煎を終えてクールダウン中に停止したのですが

とうとうこの日がやって来たという感じです。

おそらくモーターの焼き付けによるものだと思います。

毎回モーターを冷やしながら行ってきましたが

やはりだめでしたね。

購入してから5年半、総焙煎回数は記録している限りで

679バッチですので700バッチ程度かと思います。

メンテナンスに出すものとしてあきらめるしかないですね。

しばらくは初心に戻って手網焙煎です。

2019年1月20日 (日)

近頃のカッピング

焙煎した直後にはカッピングして具合を

確かめています。

正式にはカッピングスプーンを使って行います。

でも最近はこれで行ってます。

Photo

エアロプレス用の耐熱ビーカーと茶漉しです。

通常のカッピングと同じようにお湯を注いで

茶漉しでドリップです。

当然コーヒーオイルも抽出されますので

ほとんどカッピングスプーンを使うのと同じ状態で

カッピングを行えます。

カッピングスプーンでコーヒーを「ズー!」とするのが苦手な方には

お薦めです。

この方法で気づいたことがあるのですが

カップの底に微粉が溜まります。

私にとって微粉は雑味の原因みたいな存在でした。

試しに微粉も飲んでみたところ、何と言いますか

雑味ではなく、むしろナッティ-な香ばしさを感じました。

ミルの性能によっては微粉がたくさん発生することがありますが

あまり気にしすぎて微粉を完全に除去するのは考えものかなと

思います。

«爆弾低気圧